« 製造業赤字決算予測続く     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新幹線も一年      ~ゆうてもええかな~ »

2012年2月12日 (日)

原発事故は続いている     ~ゆうてもええかな~

 この冬、節電をされているだろうか。関西では、電力供給が逼迫したのは、九州電力の火力発電所が止まった1日だけで、家庭には緊急節電要請はない。他地域でも同じ程度のようだ。
 だから今は、電力の需給より、電気料金値上げの方に注目が集まっている。原発が止まって、火力発電を多く使うから燃料代がかさむ、だから値上げする、というのは、安易に過ぎる。原発の扱いに金がもっとかかるから原資が欲しいと、正直に言えばいい。批判を覚悟で。
 昨年12月に、この欄で、野田首相による福島原発冷温停止宣言に対して、収束状態とは思えないと書いた。その後、直近で2号機炉心の温度計の一つが70℃を越える値を示している。この温度計の測定誤差が20℃あるというから、数値が80℃を越えたら、誤差を含むと100℃を越えている可能性がある。だから冷却水の投入量を増やして温度を下げようとしている。
 この温度計の数値、三ヶ所のうちの一ヶ所だけが高く、残り二つは50℃以下の安定状態だから、温度計の故障も考えられるという報道もあるが、何をか況んや。その温度計の数値を元に、冷温停止状態を宣言したのだ。故障だとしたら、宣言の前提が崩れる。高温を示す温度計に異常があるかどうかは、校正しなければ分からない。しかし炉心内には入れず、温度計の交換もできない。ならば、その温度計の数値を否定することはできない。低温を示す二つの温度計の数値を信じ、高温の一つを信じないというのは、恣意的な判断が含まれるわけで、理論的に正しくない。もちろん、高温を示す方の数値も、絶対値が信頼できるとも言えない。ここで分かることは、何か異常があって、それは炉心内の温度上昇か、計測機器の故障かのどちらかだ、ということだ。測定数値の検証ができない状態で、数値そのものを論ずるのは無益だ。
 間違いなく言えるのは、炉心の詳しい状況は誰にも分からない、ということだけだ。まだ、原発事故は収束していない。核反応が安定していると断言できない。
 冷却水と同時に、費用も投入している。この先いつまで続くか分からない。その資金調達と、料金値上げ。あえて節電を気にせずバンバン電気を使うか、意地になってとことん節電して、支払う電気代を抑えるか。私なら、どうするかな。ささやかでも、抵抗したい。

                      (仲)

                       戻る

« 製造業赤字決算予測続く     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新幹線も一年      ~ゆうてもええかな~ »