« 新幹線も一年      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 5日間だけ極秘の会談     ~ゆうてもええかな~ »

2012年2月24日 (金)

運転見合わせも一年     ~ゆうてもええかな~

 先週の続きを書く。
 東北新幹線は復旧しているし、在来線も運転しているが、それは内陸の話。海岸沿いを走る路線は、運転見合わせがずらりと並んでいる。列記してみる。2012年2月24日現在の情報。
 福島第一原発事故による影響で、JR常磐線の広野-原ノ町間、再開見通し立たず。
 ここから北は地震と津波の影響で、常磐線相馬-亘理間、再開見通し立たず。
 仙台を越え、仙石線高城町-矢本、及び石巻線石巻-女川間、共に運転見合わせ(3月一部再開予定)。
 気仙沼線柳津から、気仙沼・三陸鉄道を挟んで釜石・宮古まで、さらに三陸鉄道小本-陸中野田間、再開見通し立たず。
 八戸線久慈-種市間、運転見合わせ(3月一部再開予定)。
 地図で見ていただければ、惨状を認識していただけると思う。これだけ広範囲の鉄道が1年も動いていないのだ。
 被災地域を復旧させるには、道路が必要不可欠だ。そして、復旧がなったとして、生活基盤を回復させるには、鉄道の寄与が大きい。特に通学の学生、病院通いのお年寄りにとっては、通学・通院の足がなければ、地元に戻るのは難しい。代替バスがあればいいが、所要時間も運行時間の信頼性も、鉄道の方が便利なのは確かだ。
 三陸鉄道の区間を特に心配している。バスなら、道路は一部を除いて国や自治体が復旧させるが、鉄道は民間企業が鉄路を復旧させなければならない。補助はあるだろうが、経営に大きな負担がのしかかる。復旧へ向けての経営努力が必要なのだ。その地道な活動は、HPで見ることができる。
 線路が地盤ごと流されたり、橋脚や高架橋が損傷したりと、復旧には莫大な困難を伴う箇所が多いが、その他のインフラと共に、一刻も早い復旧を願っている。大阪で、阪神淡路大震災からの復興を見てきた者として、人ごとと見過ごしてはいけないと思う。

                  (仲)

                   戻る

« 新幹線も一年      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 5日間だけ極秘の会談     ~ゆうてもええかな~ »