« 増税は止められるか     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原発事故は続いている     ~ゆうてもええかな~ »

2012年2月 4日 (土)

製造業赤字決算予測続く     ~ゆうてもええかな~

 12月期末時点での決算と通気予想が出てきた。電機・自動車メーカーの落ち込みが目立つ。
 電機メーカーではソニーに続き、パナソニックも史上最悪の赤字決算を見込んでいる。NECとシャープも赤字に沈み、残る大手も大幅な減益となっている。自動車メーカーではマツダが赤字、トヨタは減益。
 今期は大きなマイナス要因がいくつもあった。3月の東日本大震災、計画停電、タイの洪水被害による製造工場被害、部品製造ライン被災による減産。EU金融危機に歴史的円高。これらは企業レベルで対応できるレベルを超えていた。
 具体的に見ると、電機メーカーで大きく足を引っ張ったのは、テレビである。昨年、地デジ化以降需要が一巡して、テレビ販売は一息ついた状態になってしまった。3D対応や高画質化など、付加価値でさらに買い換え需要を掘り起こしたかったところだが、安い海外メーカーとの値引き合戦になってしまった。
 また、テレビにも言えることだが、IT関連で、特に下半期、大震災後の復興需要で巻き返しを、と目論んでいたところが、復旧さえ遅々として進まず、浮上できなかった。電機メーカー各社、次の儲け頭を模索することになろう。
 自動車も被災によって生産が絞られてしまったのが痛かった。さらにここへ来て、ユーロ安から欧州車の販売が伸びているという。こちらは電気自動車の開発合戦が今後の課題になるか。大震災復興需要を見込むのは難しい。中古車の需要が吸収しているように思う。
 製造業すべてが沈んでいるわけではないが、トータルではマイナスが大きい。そうなると、法人税の税収が減るし、製造業の海外流出傾向が続かざるを得ない。税収が減るから増税? そんな安易なことで日本の国の屋台骨は支えられまい。
 震災復興と円高対策とデフレ対策は、政府の皆さんでてこ入れできるはずなんだけど、ねえ。

                   (仲)

                    戻る

« 増税は止められるか     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原発事故は続いている     ~ゆうてもええかな~ »