« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月17日 (土)

原発冷温停止状態宣言      ~ゆうてもええかな~

 この冬一番の寒気が入って、部屋の中でも暖房がないと手がかじかむ。節電に協力するつもりで、ぎりぎりまでエアコンの使用を控えようと思うが、風邪を引くまで我慢するつもりはない。
 17日に野田総理が、福島第一原発が冷温停止状態にを達成し、原発敷地内の事故は収束したと発表した。記者会見で国内外に発信したが、好意的に受け止める反応は少ないようだ。
 私も、この総理の宣言は、政府として区切りをつけたという、それ以上でもそれ以下でもないものだと思っている。安全宣言でも、終結宣言でもなく、まだ何ら解決されていない。ただ、今現在、核燃料と使用済み燃料の冷却ができていて、敷地境界での放射線量が規定値以下である、と言っているだけである。
 まず、事故の応急処置が本当にできているのか、全部確認できていると思えない。炉心は放射線量が高く、誰も炉心を見に行くことができない。冷やしている水の温度と状態を見て、推定している。核反応はまだ続いていて、冷却を続けなければならず、その冷却装置は応急の設備で、水漏れを起こさないよう監視し続けなければならない。冷却水の循環が止まって水温が上昇し続ければ、また水蒸気、さらに水素が発生する。そうなれば、緊急事態に逆戻りだ。
 境界の放射線量が規定値以下と言うが、それは地上での話。上下方向、即ち空へ向かっての放射性物質の拡散、地下方向への放射性物質の浸透がないことは確認したのか。大気汚染や土壌・地下水及び海水の汚濁がないか、そこも周辺住民や諸外国が心配することだと思うが、寡聞にしてそういう情報が入っていない。
 水の汚濁と言えば、冷却水はどうだろう。核燃料や炉心を冷やしているのだから、冷却水も放射性物質を含んでいる。処理できるのか。一部報道では、来年5月には排水タンクが満タンになる怖れがあると報じていたが、排水の処理は可能なのか。貯水が限界になった場合、汚染水をどう扱うのか。
 そういったことを考えると『冷温停止状態』と宣言したものの、その状態を維持するのにまだまだ労力が必要で、停止という言葉と実態がかけ離れていると思うから、宣言も素直に受け止められない。
 それに、原発構内の作業が進んでも、周辺地域の除染もやってもらわないと、国民の政府への不信感は冷温停止状態にならない。不安を取り除く宣言になっていないから、総理の宣言は心に響かない。引き続き、対策を進めていただきたい。

                     (仲)

                      戻る

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »