« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月19日 (土)

巨人 清武の乱     ~ゆうてもええかな~

 プロ野球球団に限らず、企業では、多かれ少なかれ諍いの種があって、業績がいいときは何ともないが、業績が悪くなると、相容れない者同士が険悪な状態になるのはよくあることだが。
 今回の巨人の専務取締役球団代表兼GMの清武氏の告発記者会見も、そんな社内のもめ事がもつれた結果の行動だろうが、球団会長の渡辺氏と非難合戦の結果、11月19日時点では清武GM解任、球団出入り禁止との処分が下された。今夜は日本シリーズ第6戦。日本一のチームが決まれば、そのあと清武氏側の逆襲があるらしい。少なくとも本人は、記者会見をすると言っている。
 感想を述べるとすれば、なんとまあ、おおっぴらな内輪もめだなあ、だろうか。記者会見や文書で罵り合ったら、他の球団社員や選手コーチにも取材が入ったり、予定がご破算になったりして、てんてこ舞いしているだろう。
 だいたい、ケンカはどちらにも非があるのが相場だが、球団内部は見えないので分からないし、ここは憶測と偏見を除いて事実だけについて見る。
 最初の清武氏の記者会見で、コンプライアンス問題として指弾したのは、根拠があったのだろうか。法令順守という意味では問題ないし、社内規則あるいは倫理に違反しているという意味ではコンプライアンスという言葉は使わない。オリンパス、大王製紙の問題と同列と言うのはあたらないと思う。逆に、コーチ人事を公表するタイミングが早かったとすれば、社内機密漏洩のそしりは免れない。
 渡辺会長の文書も、清武氏をおおっぴらに糾弾しており、社内問題の解決方法にしてはことが大げさすぎる。文中に、チャンピオンシリーズ惨敗でコーチ人事を見直す必要があると指摘しているが、それは会長が下命することか。負けたからコーチを入れ替える、という、ここだけは論理が破綻しているのではないか。シーズン2位のヤクルトが勝ち、3位の巨人が負けた。これがコーチ陣見直しに直結する理屈が分からない。他にも見直すところはあるだろうし、会長がすべてを差配するなら、組織など要らぬ。
 最後に一つだけ。東海大の菅野投手。この騒動をよく見て、ご自身の進路を熟慮されたい。誰になんと言われようと、ご自身の職場の選択だから。

                    (仲)

                    (戻る)

2011年11月 5日 (土)

財源は税だけか     ~ゆうてもええかな~

 毎度毎度、不定期掲載のお詫びをしなければならない。体調が上向けば、定期掲載に戻したい。
 書けないのは、あまりに書きたいネタがあまりにも続々と出てきて困るから、という言い逃れが通用してしまいそうな勢いで、様々なことがそれぞれの思惑で動いている。
 直近でツッコみたいネタは、今月3日、野田首相がG20で、ユーロ圏のような状態にならないように財政再建するため、消費税率を段階的に10%まで引き上げると表明した。国会で増税に関する審議をされた覚えはない。寡聞にして聞き漏らしているならご指摘いただきたいが、消費税増税の意思を示されたことはあっても、審議も議決もされた記憶がない。国内の同意無く海外で政策を表明するのは、鳩山元首相の「トラスト・ミー」と同レベルだと思う。民主党の常套手段なのか。
 国債発行高はどこまでも増えていいものではないが、その償還財源として、国民から広く税として徴収します、ということを、海外に向けて約束して、実現できる見込みがあるのか。あと2年は民主党は衆議院で優位だが、野田政権で増税の道筋をつけられるとお思いか。鳩山、菅政権を見て、民意の多くは民主党から離れているのに気付かぬようでは、あれもこれも何も進まず空中分解するだろう。
 歳入を増やす方法は、税率の引き上げだけでない。政策でデフレから抜け出て、産業で儲けが出れば、儲けが増えた分、所得税が増える。それなら、国内での文句は少なかろう。
 たぶん、日本が儲かると困る相手に気を使っているのだろう。言うまでもない。アメリカである。オバマ大統領は来年が大統領選。支持率を上げるため、米国内の失業対策が必要なのだ。だからドル安のままで、米国内の産業、雇用を保護したい。そこへ日本の景気が良くなってインフレ側に振れると、相対的にアメリカの工業製品が弱くなる。これはまずい。
 同様の理由で、日本が国債を発行して日銀に引き受けさせるのも嫌っているのではないか。これはつまり、円が世間に多く出るわけで、そうなると円の価値が下がり、ドル高になる、というのは嫌なんだとにらんでいるが、私の思い違いがあればご教示いただきたい。
 いずれにしても、恒久財源として消費税を上げたい財務省の言いなりなのは確かだ。決して、復旧復興を急ぐ日本経済全体を見ての施策でないと思うが、いかがか。

                    (仲)

                    戻る

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »