« 原発どうする      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ヒロシマから発信したけど    ~ゆうてもええかな~ »

2011年7月31日 (日)

中国新幹線事故と自己     ~ゆうてもええかな~

 中国の高速鉄道が追突事故を起こし、死傷者多数の惨事となった。死傷者数を書かないのは、中国当局発表の数字を信頼していないからである。車両4両が高架橋から落ちるほどの事故で、死者30人とか40人は少ないと思う。公表していないか、空席だらけで乗車数が少なかったか。考えても答えが出ないから、深追いしないことにする。
 鉄道事故で、安全性を非常に疑われるのが、正面衝突と追突。鉄道の安全を担保する根幹に瑕疵がないと、発生しない事故である。
 鉄道は、停まるのが難しい。当たり前で、金属のレールの上を金属の車輪で走るのだから、両者の摩擦力は小さい。摩擦が少ないから、小さなエネルギーで早く走れるのだが、逆に停まるときは、急ブレーキが強すぎると、金属同士だから滑ってしまって、止まらない。時速200キロで走っていて緊急停止をしても、止まるまで5kmやそこらは走ってしまう。運転士が異常を見つけて急ブレーキをかけても、止まれるわけがない。
 だから、列車がぶつからない工夫として、閉塞区間方式が一般的だ。何kmかごとに区切って、その区間には、列車は1編成しか入らないようにする。入ったら、その区間の入り口を赤信号にして、次の列車の進入を停める。閉塞区間が空いたら、黄信号とか青信号にして、次の列車が入れるようにする。ただし、信号が赤でも、運転士が見逃したら意味がない。だから、赤信号が出たところでは列車を強制的に停める。このシステムが、ATS(中国ではATP)である。
 今回の事故では、何らかの原因で、赤信号にすべきところを青信号にしてしまったため、後続列車が停まらず、追突したことにするようである。
 事故原因を公表しないだの、隠蔽だの、情報統制だの、幕引きだの、中国政府はいろいろやっているようであるが、『事故』は『自己』だと思って欲しい。事故の原因は、自己(自国)の欠陥であり、事故の後始末のやり方には、自国の体質が表れる。再発防止を考えるのか、起こったことを抑え込んで知らん顔するのか。他国はそれを見ている。自己を信頼されるか否か、事故の事後処理は非常に分かりやすい判断材料ですぞ。ご留意あれ。

                      (仲)

                       戻る

« 原発どうする      ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ヒロシマから発信したけど    ~ゆうてもええかな~ »