« 何とも菅とも ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 解散は、増税は     ~ゆうてもええかな~ »

2011年6月26日 (日)

菅首相、国民に語れ    ~ゆうてもええかな~

 内閣不信任決議案というカードを切った勢力に肩すかしを食らわせ、通常国会会期延長もだだをこねて20日の延長幅をもぎとった菅首相。そういう結果は分かっているが、何のためにそうしたのか、という菅首相ご自身からの説明が、未だ無い。
 不信任決議案に対して、策謀で民主党内の造反を封じて、決議案を否決に持ち込んで菅体制の維持を謀った。議決直前の民主党代議士会で、一定のめどがついた段階で、様々な責任を若い人たちに引き継ぎたい、という言葉を首相は口にした。しかしこれは、国民に対して発した言葉ではない。民主党代議士、あるいは内閣不信任案に賛成しようとした議員に向けて発した言葉だった。
 国会会期延長の際も、党役員が奔走して、50日延長、二次補正予算と特例公債法成立まで菅体制で行うということで与野党合意した内容を一喝して破棄し、70日間延長、二次補正予算と特例公債法、再生可能エネルギー特措法が成立した時点で新体制に引き継ぐ、ただしこの新体制は新首相とは限っていなくて、内閣改造でも約束違反にならない言葉に置き換えさせた。
 自民党時代から、首相を降ろす降ろさないの駆け引きは何度もあったが、こうもあからさまに世間に進捗状況を見せながら綱引きするのは、私は見たことがない。その政局が見えるからこそ、国民は菅首相がどう考えているのかを知りたくなる。内閣不信任案否決、国会会期延長、復興基本法の成立と、重要な節目があったにも関わらず、菅首相は記者会見を開かない。報道陣の前で立ち止まって質問に答える、いわゆるぶら下がり取材も拒否したまま。メルマガで再生可能エネ法への意気込みを急に語り始めたが、政府として、原発推進のエネルギー政策から転換することをいつ決めたというのだ。再生可能エネルギー導入は、大半の国民が歓迎するだろう。それはいいとして、菅首相が原発推進から転換するとは一言も言っていない。浜岡原発停止の依頼をしたが、東海地震震源帯の上にあるから危険、という理由であって、日本全国の原発を停めるという表明は一切していない。
 菅首相よ。何でもいいから、国民に語りなさい。少なくとも私は、今のところ、菅政権の進める政策のほとんどについて、納得していないし、期待も希望も粉みじんになって、歴史に最悪の不作為政権として名を残すことになると思っていますぞ。

                     (仲)

                     戻る

« 何とも菅とも ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 解散は、増税は     ~ゆうてもええかな~ »