« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月26日 (日)

菅首相、国民に語れ    ~ゆうてもええかな~

 内閣不信任決議案というカードを切った勢力に肩すかしを食らわせ、通常国会会期延長もだだをこねて20日の延長幅をもぎとった菅首相。そういう結果は分かっているが、何のためにそうしたのか、という菅首相ご自身からの説明が、未だ無い。
 不信任決議案に対して、策謀で民主党内の造反を封じて、決議案を否決に持ち込んで菅体制の維持を謀った。議決直前の民主党代議士会で、一定のめどがついた段階で、様々な責任を若い人たちに引き継ぎたい、という言葉を首相は口にした。しかしこれは、国民に対して発した言葉ではない。民主党代議士、あるいは内閣不信任案に賛成しようとした議員に向けて発した言葉だった。
 国会会期延長の際も、党役員が奔走して、50日延長、二次補正予算と特例公債法成立まで菅体制で行うということで与野党合意した内容を一喝して破棄し、70日間延長、二次補正予算と特例公債法、再生可能エネルギー特措法が成立した時点で新体制に引き継ぐ、ただしこの新体制は新首相とは限っていなくて、内閣改造でも約束違反にならない言葉に置き換えさせた。
 自民党時代から、首相を降ろす降ろさないの駆け引きは何度もあったが、こうもあからさまに世間に進捗状況を見せながら綱引きするのは、私は見たことがない。その政局が見えるからこそ、国民は菅首相がどう考えているのかを知りたくなる。内閣不信任案否決、国会会期延長、復興基本法の成立と、重要な節目があったにも関わらず、菅首相は記者会見を開かない。報道陣の前で立ち止まって質問に答える、いわゆるぶら下がり取材も拒否したまま。メルマガで再生可能エネ法への意気込みを急に語り始めたが、政府として、原発推進のエネルギー政策から転換することをいつ決めたというのだ。再生可能エネルギー導入は、大半の国民が歓迎するだろう。それはいいとして、菅首相が原発推進から転換するとは一言も言っていない。浜岡原発停止の依頼をしたが、東海地震震源帯の上にあるから危険、という理由であって、日本全国の原発を停めるという表明は一切していない。
 菅首相よ。何でもいいから、国民に語りなさい。少なくとも私は、今のところ、菅政権の進める政策のほとんどについて、納得していないし、期待も希望も粉みじんになって、歴史に最悪の不作為政権として名を残すことになると思っていますぞ。

                     (仲)

                     戻る

2011年6月 4日 (土)

何とも菅とも ~ゆうてもええかな~

 今更、とやかく言っても仕方がないだろう。内閣不信任案は否決されて、菅首相はその座に残った。今国会で同じ法案を議決できないから、菅首相に他者が強制的に退任させる手続きは無くなった。辞任しない限り、菅首相は次の総選挙まで居座り続けることができる。
 内閣不信任案議決まで、水面下であちこちごちゃごちゃやっていたようだが、菅首相の居座り戦術が一枚上手だったということだ。ペテンだの、居直り発言だの、国民を愚弄しただの、そういうことを不信任案否決という結果が出てから言っても、ご当人は痛くもかゆくもない。
 これが我が国のリーダーかと思うと情けないが、2年前の総選挙で自民党に引導を渡したのは有権者だから、文句を言うなら、基本的には次の総選挙で判断することになる。まあ、それよりも、週明けに出る世論調査の結果がどうなっているか、そこで直近の民意が表れるだろう。菅内閣支持率、不支持率の数字がどう動くか。
 政界でも、菅おろしが改めて動き出す。野党からは、災害復興基本法だけ通して、その後に参議院で内閣問責決議案を出し、自民と公明の両党賛成で可決されるから、以降の参議院での法案審議を停める手がある。また、今国会の延長に反対し、今月で閉会させる。震災復興があるから早々に臨時国会が召集され、そこで改めて内閣不信任案提出、もある。
 民主党内も、一枚岩とはいかない。小沢グループ、鳩山グループは当然として、いわゆる中間派と呼ばれる面々からも、菅首相に愛想を尽かす人が出ている。不信感を抱いた議員がどう動くかで、党分裂や大連立もある。自公にパイプのある仙石氏あたりが動いているだろう。
 菅首相は辞意と思っていないかもしれないが、震災復興と原発事故の収束に一定のめどがついたら責任を若い人に任せると言っている。安定冷却状態になるまで、となれば、来年1月を過ぎることになるが、一定のめどのラインを周囲で設定して早期退陣に追い込む動きは避けられない。
 で、菅降ろしでガタガタ動くあいだ、震災復興は誰が進めるのだろう。放って置かれる被災者、避難所暮らしの方、福島第一原発の職員は、誰が助けてくれるのだろう。どちらにしても、役に立たない、ア菅首相やな。海外各国からも、そっぽ向かれるぞ。そのうちに。

                   (仲)

                   戻る

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »