« NZ地震が教えてくれたこと    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 科学的根拠、ねえ    ~ゆうてもええかな~ »

2011年3月19日 (土)

これだけは言わせろ    ~ゆうてもええかな~

 このたびの震災の被害に遭われた方々へ、お見舞い申し上げるとともに、亡くなった方々には謹んでご冥福をお祈り申し上げる。大地震から9日目、避難生活を余儀なくされている皆様の苦難は私などの想像を越えていることと思う。乗り越えていただきたいと祈るほかない。
 私は最近、体調を崩しており、掲載が不定期になっている。間が空いて申し訳ないと謝るほど読まれてもいないだろうから、特に告知もせず休んでいるが、黙っていられないことが二つあるので、記しておく。
 11日に起きた大地震と津波被害、その津波を受けた原発の事故、その他諸々の被害。これらについて、現段階での論評は控える。今、災害は現在進行中であり、トラブル・不具合の解消に全力を挙げるべきで、甚大な被害を被るに至った原因の検証は、状況の悪化を食い止めて一段落してからでいい。政府、特に枝野官房長官の連日の奮闘ぶりには素直に頭が下がる。難局は長期化の様相だが、乗り切って欲しい。
 その枝野官房長官、北方・沖縄対策担当相も兼務だが、とてもそんな余裕はなくなった。復興担当の大臣ポストを新設してマンパワーを稼ごうという発想が出るのは、心中ではあまり利口ではないと思っているが、行政の長であり与党である現政権がそう考えるのだから、やむなしとしよう。問題は、菅首相が、自民党の谷垣総裁に入閣の打診をしたことである。それも電話で、事前交渉も何もなく。自民党は断った。当たり前である。震災のどさくさに、民主・自民の大連立が電話一本でできあがってたまるか。菅首相が、この機に自民党を取り込んで総理としての基盤固めをしたかったのかと勘ぐられても仕方あるまい。震災からの復興をリードする立場である。国民や野党の不信をあおる政局運営に走らないでもらいたい。これが言いたいことの一つ目。
 二つ目は、プロ野球・セリーグに物申す。17日に、当初予定通り25日に公式戦開幕と決めた。翌日、文科省から、電力事情を鑑みて、東京・東北電力管内でのナイター開催の自粛を申し渡され、29日開幕と、3試合分だけ延期を決めた。お役所に言われるまで分からないか、と言いたい。計画停電や、電車の間引き運転など、最大限の節電をと政府は呼びかけている。それに、東京でも震度3程度の余震は続いている。安全は確保できるのか。
 野球で元気づけたい。その意気や良し。全面的に中止せよとは言わない。ただ、開幕戦は東京ドーム、神宮球場、ナゴヤドームで、すべてナイター。計画停電と電車運休でストレスを溜めている人が多く、なのに節電を考えずに開幕しようという神経が理解できない。プロ野球側の都合もあろうがここは節電に協力し、日程調整くらいしなさい。放映権だの入場者数だの、そういう金儲け優先の日程は、それが許される程度に余裕ができてからの話である。フランチャイズを移せという話ではない。状況が回復するまで、デーゲームか、西日本の球場に避難しよう。常識的に考えて、それが妥当だろう。
 言いたいことを書いたら、疲れて頭痛がしてきた。今日はこれにて失礼します。

                    (仲)

                     戻る

« NZ地震が教えてくれたこと    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 科学的根拠、ねえ    ~ゆうてもええかな~ »