« ムバラク去りて    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | これだけは言わせろ    ~ゆうてもええかな~ »

2011年2月26日 (土)

NZ地震が教えてくれたこと    ~ゆうてもええかな~

 22日にニュージーランドのクライストチャーチ近辺で地震が発生して、今日で5日目になるが、未だに安否の分からない方が200人を超えている。日本からも救援隊が行って、主に日本人被災者がいると思われるビルの倒壊現場で、24時間態勢で救援活動をしている。安否の分からない被災者の家族も現地へ飛び、ビル倒壊現場への立ち入りを求めていて、その気持ちは痛いほど分かるが、ここはぐっと堪えて、現地の当局、警察の指示に従って欲しいと思う。理由は二つ。大きな地震の場合、二次被害、例えばガス漏れや電気の漏電による火災に留意しなければならないこと。そして、大きな余震が起きたとき、さらなる地盤の崩壊や、残った建物が倒壊する場合の対応を考えつつ救出活動をしなければならないこと。この二点を考えると、ご家族の心情を酌んでもなお、現場立ち入りを認めるべきだと言いづらい。
 そもそもニュージーランドは、二つの海底プレートがぶつかって沈み込む場所にあって、地震が頻発する場所である。直近だと昨年9月にも大きな揺れを観測しているが、今回のように建物が倒壊するほどの揺れはあまり経験が無かったようだ。専門家の見解では、従来は震源が深かったのだが、今回の震源はクライストチャーチ近辺の直下、浅いところだったことが、激しい縦揺れとして現れたとのこと。崩壊した建物は、横揺れはある程度耐えられても、縦揺れに対して考慮されていたか疑問が残る。ニュースで見る大聖堂近辺、倒壊した建物もあれば、残った建物もあって、比較的柱の太い建物が残っていると聞く。地震が起こること自体は慣れていても、都市直下型の地震への備えが想定されていなかった可能性がある。
 日本は地震大国で、数々の大地震を経験しているため、その備えは万全である、と言えるだろうか。阪神淡路大震災、中越地震、上越地震、これらと同規模の地震が、大都市の直下で起着る可能性はゼロではない。地震の巣とも言える断層が全国にあり、都市の直下を走る断層も少なくない。各都市は、建物は、設備は、直下型地震に耐えられるだろうか。二次災害の危険は回避できるだろうか。今回の地震を教訓として、今一度、見直す必要はないだろうか。今後の犠牲者を少しでも抑えるために。阪神淡路大震災の体験者として、改めて注意を喚起しておきたい。

                  (仲)

                   戻る

« ムバラク去りて    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | これだけは言わせろ    ~ゆうてもええかな~ »