« 小沢氏問題が示すこと    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ムバラク去りて    ~ゆうてもええかな~ »

2011年1月29日 (土)

鳥インフルエンザ    ~ゆうてもええかな~

 この冬、鳥インフルエンザが広がっている。宮崎や鹿児島、愛知では養鶏場の鶏に感染が確認され、殺処分と、発生した養鶏場を中心とした半径10キロの範囲に、鶏肉と卵の移動禁止措置が執られた。また、野鳥の死体から強毒性の鳥インフルエンザのウィルスが検出された例が、各地で確認されており、感染拡大が懸念されている。日本だけでなく、韓国などアジア諸国で感染が見られ、渡り鳥が媒介しているのではないかと言われているが、感染ルートは特定できていない。今のところ、人への感染は確認されていないが、念のため、野鳥との濃厚な接触は控えた方がいい、と厚労省が呼びかけている。濃厚な接触とは、鳥やふんなどに直接触らない、というレベル以上の行為である。店で売っている鶏肉や卵は、心配いらない。
 宮崎県の養鶏場での発生例が多いのは、どうやら畜産農家数が多く、比較的密集しているから目立つのだと考えられている。こういう事態では、殺処分や移動制限による被害以上に、風評被害が心配される。農水省は、各都道府県に対して養鶏場の点検調査などの指示を出している。被害の拡大が抑えられることを祈るばかりである。
 養鶏業者は、気が気でないだろう。鶏舎の金網に穴があったとか、人の出入りの際の消毒が完全でなかったとか、要因を挙げれば思い当たるところはあるのだろうが、対策をしていれば完全に安全、という保証はない。ひとたび感染が確認されたら、即座に鶏舎全部の鶏を殺処分しなければならない。昨年の口蹄疫のケースを教訓にして、感染拡大を防ぐために、疑い発見から検査、処分までの時間を短縮して対応しているから、2日と経たないうちに、数万羽、数十万羽の鶏が消える。飼育していた方の心中はいかばかりか。
 やはり、地道なようだが、ウィルスを鶏舎に持ち込まないように考えられる対策を取るしかないのか。野鳥が入らないよう鶏舎を整備し、人が持ち込まないように殺菌を徹底することになるのだろう。人間のように、鶏にうがい手洗いをさせるわけにはいかないし、予防接種もできるわけがない。
 毎年、冬が来るたびに、鳥インフルエンザにおびえることのないよう、感染ルートの研究が進めばいいが、難しいのだろう。人間も、今年はインフルエンザが流行しているのだから、完全解決は望めまい。せいぜい、用心、用心。

                   (仲)

                    戻る

« 小沢氏問題が示すこと    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ムバラク去りて    ~ゆうてもええかな~ »