« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月25日 (土)

北方領土を踏みにじるな ~ゆうてもええかな~

 日本政府は、北方領土関係の情報収集に問題があったとして、22日、河野雅治駐ロシア大使を更迭した。そして、ロシアのメドベージェフ大頭領は24日、国営テレビのインタビューに対して、日本とは経済協力はするが、これは北方四島を手放すことにならない、という主旨の発言をした。11月の訪問に続き、改めて北方領土の実効支配を強化する意思を示したと言える。しかし日本政府は。この発言について、そのように、つまり返還拒否というように受け取っていない、としている。歯舞・色丹2島返還を明記した日ソ共同宣言がベースだ、と。
 何を寝ぼけたことを言っているのか、と思う。ロシアは、今なら北方四島を我がものにできるチャンスと、攻勢をかけてきている。事態は刻々と変わり、また、強権を持つ大国は、過去の約束を反故にして己に有利な論理で支配を拡大する力を行使することをためらわない。そこを押し返すのが外交の手腕であって、従来の説明を繰り返すだけなら、ロシアを押し戻す力にはなり得ない。
 ロシアが北方領土支配に動く理由は、種々あろうが、ごく単純に一つだけ例を挙げると、資源の確保にある。日本海、オホーツク海周辺の天然ガス田を開発したい。また、海底にはメタンハイドレートという、今後のエネルギー源として利用可能な資源も確認されている。これを開発して資源として活用するには、それがロシアのものだという根拠が要る。北方領土、いや、その周辺の海域を領有したい。ただ、掘削など、資源開発にかける金はできるだけ抑えたい。そこで、日本を利用して、共同経済プロジェクトなどと銘打って費用を出させ、資源を掘り当てたらその権益を我がものにする。簡単なことだ。つい最近も、日本と共同で作った極東パイプライン事業から、不正があったと理由を付けて日本商社を切って捨てている。
 もちろん、これは一面しか見ていないが、基本的な狙いは違わない。ロシアの権益拡大、それに日本の出資を活用。国内が停滞しているため、日本と共同で発展しましょう、なんて甘っちょろい考えでないことは間違いない。だから、我々は北方領土を踏みにじるような行動を許してはいけない。
 近くに、似た例があったろう。領土拡大、海底資源の支配に動き、尖閣諸島や南沙諸島を我が物顔で引っかき回して周辺国を恫喝する、中国。ここも、資源確保に躍起なのだ。
 原理原則だけ話して分かる相手ではないんだから、外交手腕というものを見せて欲しいが、菅政権では無理かな。

 当欄は、今回が今年最後となります。来年も気力があれば続けたいと思いますので、よろしくお願いします。
 皆様には、良いお年を。

                  (仲)

                   戻る

2010年12月18日 (土)

小沢氏どうなる    ~ゆうてもええかな~

 小沢氏が岡田幹事長と面会し、政治倫理審査会への出席を拒否した。だからどうなんだ。毎日ニュースに出てくる話題だが、全国ニュースの時間を割いて報道するほどのことなのか。たかだか民主党内の権力闘争ではないか。党内で勝手にやってくれればいい。結果だけ教えてくれ。
 小沢氏の立場で考えれば、国会で政治資金に関する説明などするはずがない。強制起訴されることが決まっており、被告の立場で証言や尋問を受けなければならない。なんで国会でも説明しなければならんのか。形式的に政治倫理審査会に出て、代わりに法案を通すといった野党との取引に使うなら、百歩譲って考えてもいい、党内からの突き上げで、政治と金の問題への取り組みをアピールする目的なら、今の民主党政権の基盤を築いた功労者に対してどの口が言うか。政権基盤が弱っているのは、現在の菅体制、執行部の失策であって、自分が背負うのは筋違い。それに、政治倫理審査会に出て説明するとして、野党が納得などするものか。証人喚問の要求、問責決議を受けた仙谷官房長官に馬淵国交相、さらには菅首相の責任追及をしてくる。つまり、火消しにも何にもならん。それくらいの駆け引きが分からんのか。
 つまり、小沢氏は、上から目線なのだ。菅政権になって以降の地方選惨敗だし、自分がいなければ選挙は勝てないくせに、格下の岡田幹事長など相手にできるか、といったところだ。
 だが、今の民主党内で小沢氏が復権することは考えにくい。地方選挙敗北の原因は外交問題と、政治と金の問題だと大半が考えているから、後者に深く関わる小沢氏を担ぐ者は多くない。親小沢派は、選挙で世話になったか、現在の左派リベラル系執行部に対抗する勢力になるが、強制起訴、公判を控えているだけに、小沢氏について行く議員数が読めない。少なくて20人くらい、多くて60人くらい。民主党を割って賭に出るには分が悪い。それに、選挙で小沢氏の剛腕に頼っていいか。資金をもらって、それが先々問題になるかどうか、小沢氏の公判を見きわめたいのが本音だろう。
 求心力が落ちていても、実力者であろうとする小沢氏にもの申せるのは、党代表である菅首相だけだ。が、小沢氏を切ると、次は仙谷降ろしが強くなる。誰を切って、誰を守るか、ここでこそ決断するときですぞ。
 まあ、どっちでもいいんだけどね。所詮、民主党の問題だし。首相としての監視に決断して欲しいことは山ほどあるから、そっちを頑張って欲しい。よろしく。

                 (仲)

                 戻る

2010年12月11日 (土)

ノーベル平和賞授賞式に中国は    ~ゆうてもええかな~

 今月8日、孔子平和賞の第一回受賞者が委員会より発表され、9日に授与式が行われた。第二回があるのか、ぜひマスコミに追跡取材してもらいたい。あったらあったで、無かったら無かったで、どちらにしても話の種になる。
 ノーベル平和賞の方は、受賞者・劉暁波氏不在のまま授賞式が行われた。中国の批判が続いており、内政干渉だとのコメントが出されているが、中国の声が大きくなるほど、劉暁波氏が、民主化活動抑圧のシンボルとして浮かび上がる。
 中国は今年、上海万博を開催し、GDPも日本を抜いて世界第二位になることが確実な経済大国である。しかし、来年、再来年はどうだろう。国家主席が交代する、その移行期間にあって、このまま成長を続けて、さてどうなるか、である。
 大きな問題点は2点。一つは資源である。中国は資源大国であるが、自国の経済成長に伴い、資源の国内消費量が急増しており、そのため政府は資源輸出量の規制に乗り出している。レアアースの輸出制限を考えれば分かりやすい。尖閣問題で外交カードとして使うなど、政府が恣意的に統制している。ところが、尖閣問題以降、世界は中国以外の安定供給先へシフトしようとしている。中国産が安いから買うので、売らないなら他の手を打てばいい。
 もう一つは、技術の問題。レアアースで言うと、精製する技術、精製時の廃棄物を処理する技術、資源を使って精密機器を作る技術、すべて中国単独ではできない。技術が欲しいから、他国企業の誘致は必須だが、日本から言えば尖閣問題の報復と見られるフジタ社員の拘束があったし、他の国から見ても、自国通貨を守るため恣意的に為替レートを変えない国を、経済大国ではあってもビジネスパートナーとして信頼できるか疑問だ。従来、コストメリットを求めて、製造拠点を台湾から韓国、中国と展開しているので、2年後、そのメリットが薄れた場合、一党独裁国家での企業活動のリスクが問題視されれば、他国へ展開するだろう。
 自国の利益優先で、国際社会を顧みず振る舞うなら、近い将来、景気が減速し、環境問題が深刻化した場合、自国でその場をしのぐしかない。社会主義国家の危機は、国際社会からの孤立と民衆の不満の爆発から、ですぞ。

                  (仲)

                  戻る

2010年12月 4日 (土)

新幹線は青森へ走った    ~ゆうてもええかな~

 12月4日、東北新幹線の八戸-新青森間が開業し、ようやく全線が開通した。初日は不運にも車両トラブルや強風による遅れ、運転見合わせが相次ぐ状態になったが、とにかく、青森は東京から日帰りできる圏内になった。もちろん飛行機ならばもっと速いが、空港へのアクセス、手荷物検査といった、搭乗までかかる時間を考えると、決定的な差とまではいかないだろう。来春登場する最速タイプの『はやぶさ』が、東京-新青森間を3時間10分で走る予定になっている。
 来春には、九州新幹線も開通する。先行開業の新八代-鹿児島中央に続いて、博多-新八代間が開通し、新大阪-鹿児島中央間を直通する予定だ。青森から鹿児島まで、新幹線だけで行くことができるようになる。近頃は鉄道ファンが増えているらしいから、実際に旅する人もいるかもしれない。
 とにかく、青森まで新幹線がつながった。が、その先、である。新青森駅は東北新幹線の終点であり、北海道新幹線の起点とすることになっているのだが、函館まででも、延伸できるのだろうか。
 青森までの延伸も、コスト面で苦心している。来春投入される『はやぶさ』用の新車両は、最高時速320キロでの営業走行設定なのだが、盛岡から新青森までは、路線の規格が最高速度280キロに設定されている。高速運転に耐える路線、騒音対策、その他諸々の費用が出なくて、320キロ設計にできなかったのだ。先行着工していた区間でこれだから、さらに延伸する建設費をどこから持ってくるのか、メドが立たないと言っていい。特に問題なのが、青函トンネルである。今は在来線が走っているが、そこに新幹線も通すとなると、ここも開通当時は、時速320キロの電車など想定していないはずだから、対策工事の費用がなければ、規格に合わせた速度に落として走るしかない。貨物列車も同じトンネルを通るから、そもそも無茶はできないと思うが。
 細かいことを言い出せばきりがない。九州新幹線も、新大阪まで乗り入れるが、東京までは行かない。東海道新幹線は込んでいる。九州新幹線は8両、東海道新幹線は16両。乗客を少しでも多く乗せられる編成にしたいから、JR東海としては、8両編成で入ってきてもらっては困るのだ。
 思惑が入り乱れる新幹線。いわゆる我田引鉄で利用者伸び悩み、ではいけない。途方もない費用で整備するからには、有効利用できるものにしてほしい。沿線住民のローカル線利用にも、ご留意を。

                    (仲)

                    戻る

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »