« プロ野球中継の価値    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | TPP参加できるのか    ~ゆうてもええかな~ »

2010年11月 6日 (土)

中国漁船衝突映像の影響    ~ゆうてもええかな~

 先の尖閣諸島海域での海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突問題で、政府は海保が撮影したビデオを、国会で一部の議員に対して数分だけ限定公開したが、衝撃的なタイミングを謀ったように、40分程度の動画がネットに投稿されて、大きな話題になっている。テレビニュースでも衝突場面が流れたから、その部分は私も見た。これは海保が撮影したビデオ映像の一部である可能性が高いと、検察は見ているようだ。
 これをネット上に投稿した人物が、いかなる意図を持って入手し、公開したのか、そこには踏み込まない。動機がどうあれ、衝突映像が公表されて困ること、得することを考えたい。
 まず、政府。これが限定公開と決めた映像だとすれば、その情報管理に問題があり、それが公開されたあとの対応、事態収拾能力のレベルが露呈した形になる。情報管理能力、危機管理能力が疑われる事態であり、海保か検察か、どちらにしても重要な証拠品の持ち出しを止められなかった、組織管理ができていないという深刻な状態にあるということだ。憂国の士の勇気ある行動と持ち上げた国会議員がいたが、大馬鹿者と言いたい。国家国民の情報管理に欠陥があることの恐怖を認識すべきだし、自身の信条のために組織の規則に違反して情報を漏らすなど言語道断。我が国ながら情けない。
 対中外交面では、来週のAPECで日中首脳会談が実現するかどうか、という調整に困るくらいではないか。いまさら日中首脳が握手したところで、中国は尖閣諸島奪取をあきらめる気はないだろうし、当面小競り合いが続くだろう。中国の野心を許してはいけない。
 中国政府は、あの映像が公開されたところで、日本が恣意的に漁船側の非をでっち上げたと主張し、突っぱねるだけであろう。むしろ中国政府の懸念は、国内の反日デモが再燃する方を懸念している。デモが暴走すれば、人権批判、格差批判が根本にあるだけに、デモ拡大は困る。映像が出たことそのものより、中国は危険という印象が国際的にさらに高まることも、懸念材料だ。
 わずかに、今回の件でメリットがあるとすれば、臨時国会でのロシア大統領の北方領土上陸問題、小沢氏喚問招致問題の追求が一時トーンダウンしていることくらいか。ただ、国民は、注目していますぞ。難問だらけでも、対応せずバタバタしているだけなら、政権は早晩倒れますぞ。

                    (仲)

                    戻る

« プロ野球中継の価値    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | TPP参加できるのか    ~ゆうてもええかな~ »