« ろくなこと仙谷、い菅ぞ    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新幹線は青森へ走った    ~ゆうてもええかな~ »

2010年11月27日 (土)

エコポイント狂想曲    ~ゆうてもええかな~

 今週は重要な話がたくさんありすぎて、何をどこからどうツッこめばいいのか分からない。北朝鮮の砲撃関連が、一番の緊張状態にある話だが、北朝鮮より、隣国が戦争の前段階まで緊張しているにも関わらず危機意識のない政府、政治家に対して言うことがたくさんあって、ここに書ききれない。だから、違う話にする。
 家電エコポイント制度が、12月1日から改定されることになった。ざっくり言って、もらえるポイントが半分に減る。さらに来年4月かそれより前に、エコポイントがもらえる対象機種が減って、買い換えの場合に限られることになった。理由は、エコポイント申請が政府予算での想定より多かったから。予算が無くなりかけたから、前倒しで段階的に縮小していく。政府広報でそう言っているから、間違いない。エコカー補助金も予定より早く予算が底をついて打ち切りになったのと、状況は似ている。
 ただ、政府を責めるのは酷で、今年は異常な猛暑でエアコンが売れて、冷蔵庫などを含む、いわゆる白物家電の販売額は、例年より20%増加した。お天道様に文句を言うわけにもいかない。
 それに、薄型テレビは、来年の地デジ化完全移行に向けての買い換え需要が潜在的にある。で、どうせ買い換えるならエコポイントが減らないうちに、ということで、注文が殺到している。今、注文しても、納品は1ヶ月先という機種もあるから、薄型テレビメーカーは特需でフル稼働している。
 エコポイントは、薄型テレビ・エアコン・冷蔵庫を対象にしたものだが、薄型テレビに絞って、買い換えの時期を考えてみよう。最新の機種を買いたいなら、エコポイント狙いの今がチャンスだろう。例年だとボーナス商戦で年末セールが狙い目だが、生産が追いつかない状態だから、セールの値下げ幅に期待できない。むしろ、3月決算前のセールの方が、エコポイントは減っても本体価格の値引きが期待できる。機種にこだわらないのであれば、2,3月あたりが次の狙い目だと思う。
 しかし、『エコ』を謳うなら、続けるのが本道で、生産が追いつかなくて工場は休日も24時間稼働となれば、工場での二酸化炭素排出量が増える結果になっているのだが、一時的にせよ、個人消費増加に寄与したことは間違いない。まあ、それでよし、で、いいだろう。

                    (仲)

                    戻る

« ろくなこと仙谷、い菅ぞ    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新幹線は青森へ走った    ~ゆうてもええかな~ »