« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月25日 (土)

中国漁船問題その後    ~ゆうてもええかな~

 尖閣諸島近海で海上保安庁の巡視船に体当たりをして逮捕された中国漁船の船長が、那覇地検で処分保留のまま釈放された。日本領海内での公務執行妨害に対する逮捕、検察の捜査、船長逮捕後の中国の恫喝については、一連の報道がなされていて、ここで改めて話すまでもない。中国漁船船長は帰国していることでもあるし、今後のことについて触れる。
 まず、直近の問題として、中国は日本に対して謝罪と補償を要求しているが、そんなもん断固拒否である。逮捕した海上保安庁、取り調べた検察ともに落ち度はなく、謝る理由などない。そもそも、中国漁船が尖閣諸島のあたりで操業しているのがいけない。さらに一部情報では、中国政府が尖閣諸島占有の既成事実を作るために漁船団を指示していると見られていて、事実なら、当たり屋に近い。
 それから、中国側からキャンセルしてきた数々の交流・訪日、輸出停止などの処置を、どのように緩和してくるか。実態は、中国政府の指導による報復措置なわけで、それをあからさまに即刻緩和すると、日本だけでなく諸外国から警戒される。日本人の拘束などその最たる例で、中国でのビジネスはリスキーだと喧伝した形だ。これは中国への投資・進出意欲を削ぐ要因となるから、中国政府は漁船拘束とリンクしていると言わない。また、レアアースの取引停止については、政府の指導であれば、貿易への政治介入であり、WTOレベルの話になる。そんな国と商売を続けられますか、ということになる。
 中長期的には、中国の領土領海、あるいは実効支配への野心を明確にしたことで、東シナ海、南シナ海での緊張が高まる。南シナ海は、東西航路の要衝であり、ここを中国に実効支配された日には、他国のタンカーも軍艦も通れないわけで、周辺諸国もアメリカも許せる話ではない。
 一党独裁を維持するために拡大成長戦略を採る中国だが、先進国がことごとくそうであったように、力押しで成長を続けることは不可能である。GDPは成長しているが、突出した軍事費、ビルテナント入居率や地域格差、実勢値にあわない人民元の為替レート、製品の安全性問題、環境問題と、破綻の芽がすでにちらほら見える。なりふり構わず体制維持を図ろうとするから、そのうち中国の漁船が石垣島や沖縄本島あたりまで来るぞ。きっと。

                  (仲)

                  戻る

2010年9月18日 (土)

白鵬の存在感    ~ゆうてもええかな~

 醜聞にまみれ、信用失墜してもがいている相撲界にあって、明るい話題で衆目を集めているのが、一人横綱 白鵬の土俵であろう。連勝を伸ばし、ついに千代の富士(現九重親方)の記録を越えて、昭和以降の記録で、双葉山に次ぐ2位となった。
 まさに横綱相撲で、取り口に危なげがない。足腰が安定していて、かつ柔軟な体で、投げ技がさえる。今のところ、白鵬に対抗できる力士がいない。大相撲を一人で支える大黒柱である。
 白鵬が下位から上がって、新三役になったころの姿を覚えている。決して大きい体ではなかった。今の日馬富士より少し肉がついているかな、という程度だった。しかし、土俵際の粘りや投げの鋭さがあって、有望な力士だった。大関はいける、と思ったが、体を鍛えて大きくして、横綱を張った。
 かつての千代の富士も、体格に恵まれた力士ではなかった。若手のうちは軽量で、肩の脱臼による休場が何度かあったと記憶している。そこで、筋肉を鍛えて固め、強い体を作って番付を上げ、昭和の大横綱になった。
 先日亡くなった、元横綱・初代若乃花(花田勝治氏)も、軽量ながら鍛えに鍛えた強靱な足腰で四つに組み、豪快な投げで一時代を築いた。さらに二子山部屋を興し、弟の貴ノ花をも、軽量の不利を猛稽古で克服させ、記憶に残る名大関に育てた。
 貴ノ花も引退後、三代目若乃花、貴乃花の兄弟横綱を育てた。貴乃花も、初優勝した貴花田時代の体躯は恵まれたものではなかった。元横綱・曙などの巨漢力士が台頭した時期で、対抗するために貴乃花も体を鍛えて作り、体を大きくした。今の貴乃花親方を見れば分かるだろう。他の親方衆に比べて細身で、巨漢力士に引けを取らなかった現役時代と大違い。現役時代、いかに苦心して体を作っていたか、ということだ。
 今、白鵬以外の力士の体を見て、鍛えて作り込んだ体が何人いるか。見られないから、白鵬の安定した存在感が揺るがない。出でよ、白鵬の対抗馬。それが相撲界を盛り上げる、一番の上策である。

                      (仲)

                      戻る

2010年9月11日 (土)

牽牛子塚古墳の主は    ~ゆうてもええかな~

 菅・小沢両候補の泥仕合、コメントする気にもならない。だからあえて、俗世間から離れた話をしたい。
 奈良・飛鳥にある牽牛子塚(けんごしづか)古墳の発掘調査の結果、7世紀に建造され、白い切石を用いた八角形の古墳であったことが判明した。石室が2室に仕切られていること、石室の側面の大きさ、出土した棺の破片が漆と布を交互に塗り固めた最高級の物であること、出土した女性の歯の年代が特定できることから、天皇クラスの古墳である可能性が高いとしている。日本書紀に、斉明天皇と、その娘である間人皇女(はしひとのひめみこ)を合葬したとの記述と一致することから、斉明天皇陵である考えられると、明日香村教育委員会が発表した。
 斉明天皇は、舒明天皇の后であり、天皇崩御後4年間、皇位についている。皇極天皇である。で、話は端折るが、蘇我氏の権勢盛んとなり、その影響を除外したい皇極天皇の子・中大兄皇子と中臣鎌子が蘇我入鹿を滅し、蘇我氏勢力を一掃した。大化の改新である。中大兄皇子は自身まだ即位せず、皇極天皇の弟である孝徳天皇を擁立し、飛鳥から難波宮へ遷都したが、大化の改新コンビと仲違いし、崩御すると、皇位は再び中大兄皇子の母、皇極天皇が再び即位し、斉明天皇となった。
 この時代、有間皇子の処刑、権力闘争や、朝鮮半島での唐・高句麗・百済の情勢変化激しく、血なまぐさい話が多く伝わっているが、斉明天皇崩御後、中大兄皇子が即位して天智天皇となり、王朝権力の足固めが始まる。
 宮内庁は、文献から高取町の車木ケンノウ古墳を陵墓と比定し、母子などの明確な証拠がない限り宮内庁は牽牛子塚古墳を天皇陵墓とすることはないとのことだが、歴史的には聖徳太子の時代以後、天智・天武天皇時代の権力掌握まで、飛鳥時代でも権力闘争が激しかった時代であり、個人的には、古事記、日本書紀の記載にならなかった皇位継承争いがあったかもしれないと思うくらい、謎を秘めているかもしれない時期なのだ。
 過去も現代も、権力闘争は絶えないが、古代の方が想像力をかき立てられて面白い。諸兄も気分転換に、いかが。

                     (仲)

                     戻る

2010年9月 5日 (日)

検察審査会・裁判員裁判    ~ゆうてもええかな~

 暑い。まったくもって、暑い。9月に入っても、最高気温が35℃だなんだと聞こえてくる。暑さもこう続くと、頭が働かない。だから、頭を冷やして、簡単に整理しようと思う。ここのところ話題の、法曹関連の2件について。
 検察審査会。昭和23年にこの制度ができた。事件を検察が捜査して、被疑者を検察が起訴しなかった場合、それが不当だとの申し立てがあったときに、地方裁判所で開かれる。審査を申し立てるのは、事件の被害者、告発者、裁判所指定の弁護士。メンバーは11人、これ、有権者の中からくじで選ばれ、招集される。審査会では、検察が不起訴とした事案について、証拠を見直して討議して、3通りの結論を出す。不起訴が妥当だね、という『不起訴相当』。もっと詳しく捜査しなさいという『不起訴不当』。裁判にするべきだ、という『起訴相当』。『不起訴不当』『起訴相当』の結論が出た場合、検察は再検討して、起訴か不起訴かを決める。
 ポイントは、昨年の法改正で、再検討後に検察が不起訴とした場合、もう一度検察審査会で協議し、11人のうち8人が起訴すべきという結論『起訴議決』になった場合、検察は起訴の手続きに入るよう改訂された。強制起訴である。民主党の小沢前幹事長は、今、収支報告書虚偽記入事件について再度検察審査会で協議中である。起訴議決との結論になれば、必ず起訴され、被告人になる。
 裁判員裁判。そろそろ定着した感があるが、今話題になっているのは、被告が芸能人・押尾学であること。これは初めてのケースで、裁判員が、被告が芸能人であること、マスコミで過剰な情報を得ていることから、先入観無しで判決を出せるか、イメージで量刑が重くならないか、という心配がある。
 検察審査会による起訴議決も、裁判員裁判も、起訴の段階、一審の段階で、法曹界の玄人の判断、いわゆる判決相場といったものに対して、一般の人の感覚を取り入れるべきではないか、という考え方で法整備が進められてきた。素人と侮るなかれ、選挙で政治に参加する有権者なのである。当事者も、出た結論が一般国民の見方であるととらえて欲しい。

                    (仲)

                    戻る

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »