« 円高を静観するな    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 検察審査会・裁判員裁判    ~ゆうてもええかな~ »

2010年8月28日 (土)

民主党代表候補の腹は    ~ゆうてもええかな~

 暑い。頭がぼーっとするくらい、暑い。今日、たまたまバスに乗ったら、途中でバス停を一つ飛ばし少し先で止まった。運転手がうっかり停留所の場所を忘れたようだ。
 暑い上に熱いのが、民主党代表選挙。小沢前幹事長が出馬表明をした。記者に囲まれての表明の場面、声は小さいが、頭は熱くなっていたのではないか。
 民主党代表選はポイント制で、国会議員413人は一人2ポイント、計826ポイント。地方議員票が計100ポイント。サポーター票300ポイントで、合計1226ポイントの過半数を取れば、当選である。
 小沢氏が出馬したことで大騒ぎになっているが、そもそも小沢氏は権力を握りたくて、それは今の民主党政権である必要はない。自民党との大連立を画策したことでも分かる。政治と金の問題で一時引っ込まざるを得なくなって、その後の参議院選で大敗したことで、菅体制を見限った、あるいは菅代表との仲がますます悪くなって妥協できなくなったと思われる。
 そこで自身で出馬して、勝てば首相となって最高権力を手に入れる。負けても、それは織り込み済みだろう。菅代表が反小沢の旗印を引っ込めて小沢氏を要職に就けることは考えにくく、反小沢体制が続く、いや、今より溝が深くなる。そうしたら、小沢氏は民主党を割って出て政界再編、大同連合体制を組み立てる目論見ができていると思う。小沢氏がやりたいのは、大連立での安定政権下で権力を握ること。だから政界再編、そう考えれば、分かりやすい図式になる。
 しかし、その図式はあくまで政界権力闘争の図式であって、円高、低成長にあえぐ経済を立て直す政策実行体制作りの図式ではない。政争で政治空白を作るなら、日本は立ちゆかなくなる。菅首相がようやくバタバタと対策に動き出したのが、小沢氏出馬への危機感からだとしたら、ばかげた話だと思う。少なくとも、私にはそう見えますぞ。菅首相殿。

                    (仲)

                    戻る

« 円高を静観するな    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 検察審査会・裁判員裁判    ~ゆうてもええかな~ »