« ペットボトルの行く先は    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ヒロシマ 非核化の思惑    ~ゆうてもええかな~ »

2010年7月31日 (土)

氷河特急脱線と日本の脱線    ~ゆううてもええかな~

 先週23日、スイスの高地を走る観光列車『氷河特急』6両編成の脱線事故があり、後部車両に乗っていた日本人観光客1人が死亡し42人が負傷した。その2日後には、脱線の原因を特定しないまま現場付近を徐行することで運転再開を決めた。
 そして、30日、スイスの公共交通事故調査局は、暫定的な調査結果を出した。時速35キロ制限のカーブから55キロ制限の直線に入ったとき、運転士は最後尾の車両が直線に入ってから加速する既定であるところを、2両目が直線に入ったところで加速したため、速度オーバーで後部車両がカーブを曲がりきれずに脱線したとして、運転士の人為的ミスであった、とした。正式な調査結果報告は数週間かかる見込みであるという。
 スイスは高山鉄道の先進国であり、死者が出る重大な事故を起こしたことに衝撃を受けたが、不可解なのは、原因も分からない事故2日後に、もう運転を再開していること、そして事故調査局が1週間で暫定的とはいえ事故原因を公表したことである。鉄道会社も人為的ミスがあったと認めていて、2日後の運転再開に関しては、路盤などが復旧し安全を確認できたから、と言うが、原因不明のまま運行再開するのは是としていいのか。徐行しているから安全です、運転士の速度違反だったことを認めます。それでは、徐行区間と定めても運転士が忘れて速度違反を犯す怖れはないのか。再発防止の面で不充分だと思うから、私が近々乗る予定があっても、原因と対策が確定するまで乗りたくない。
 この事故の前日、つまり22日未明には、日本でも脱線事故があった。山陽新幹線トンネル内での作業車衝突、脱線事故で、被害者はいないが、午後2時頃まで新大阪-姫路間が不通になった。これも、作業車の速度超過による事故で、作業車といえど、運転手は日常的に制限速度オーバーで運転しているのではないかと思うと、非常に怖い。
 大阪に住む私の脳裏に、5年前の福知山線脱線事故の記憶が生々しく残っている。遅れ回復のために制限速度を超えてカーブに入って脱線、マンションにつっこんだ。その惨状を知っているから、何より安全第一であれと願う。

                     (仲)

                     戻る

« ペットボトルの行く先は    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ヒロシマ 非核化の思惑    ~ゆうてもええかな~ »