« 口蹄疫感染拡大と菅内閣     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院選後政権への要望    ~ゆうてもええかな~ »

2010年6月19日 (土)

賭博で名古屋場所危機     ~ゆうてもええかな~

 賭博は原則的に違法である。野球賭博、仲間内の賭け麻雀や花札、サイコロ、トランプ、ゴルフ、手法は何であろうと、違法である。原則的に、と付け足したのは、家庭麻雀、社内コンペの馬券など、ささやかな娯楽の範囲で留まっている程度なら、と目をつむってもいいというのが通例だから。あくまで通例で、厳密に言えば違法である。合法なのは、公営の競馬競輪競艇オート、になる。
 角界で、現役大関の琴光喜が野球賭博に関わったとして謹慎、名古屋場所は休場することになった。この謹慎、自主謹慎であり、相撲協会としての処分は下されていない。なぜ処分できないか。今のところ、野球賭博含め、花札などの賭博に関係した者が65名に上っており、関取や部屋持ちの親方の名前まで挙がっていて、片っ端から処分すると、7月の名古屋場所が成り立たなくなる。
 かわいがりと称するリンチ事件、大麻事件、横綱の殴打問題と続いた不祥事で、いずれも当事者を角界から追い出し、関係者を処分して、事件再発防止、体質改善をうたって出直したはずだ。にもかかわらず、先月、木瀬親方が暴力団関係者に、土俵周りの席に座れるよう便宜を図ったとして、降格処分のうえ、木瀬部屋を事実上取りつぶし、在籍力士らは北の湖部屋へ移籍した。
 野球賭博関与、即ち暴力団と関わりを持ったとの週刊誌報道があり、名前が挙がった琴光喜は関与を否定した。そこで協会は、期限内に自己申告すれば処分は厳重注意に留めるとして、申告させた。協会の腹づもりは、琴光喜に関与を認めさせるための処置だったようだ。ところが、野球賭博だけで29人、その他麻雀や賭けゴルフなどの賭博行為を申告した者36人。幕内力士や部屋持ち親方の含まれていた。この人数は予想外だったろう。琴光喜一人であれば、協会処分は厳重注意でも、大関たるもの自覚に欠ける、ということで、自ら休場して降格、あるいは引退で片付くと目論んでいたふしがある。しかし、実態は申告だけで65名。処分保留で名古屋場所に帯同させれば、どの面下げて、ということになる。さらに、申告すれば厳重注意に留めるとしてしまったために、先の木瀬親方への処分との整合が取れない。申告者に降格などの処分をすれば、申告した者はいい面の皮だ。監督責任も含めた関係者を処分すると、理事長すら対象となり、7月の名古屋場所は本場所の体をなさなくなるだろう。
 あえて、当事者も協会側も関係者に処分を科し、ボロボロの状態で名古屋場所をやってみてはどうか。ガラガラの会場でどん底の状態をさらけ出せば、さすがに骨身にしみるだろう。それが角界への一番のペナルティになると思うが、いかが。

                       (仲)

                       戻る

« 口蹄疫感染拡大と菅内閣     ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 参院選後政権への要望    ~ゆうてもええかな~ »