« 鳩山退陣秒読み    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 口蹄疫感染拡大と菅内閣     ~ゆうてもええかな~ »

2010年5月29日 (土)

連立政権は末期    ~ゆうてもええかな~

 総選挙で自民党が崩れ、怒濤の勢いで民主党が政権を奪取したのが、昨年の8月30日。参議院で過半数をとれないために、国民新党、社民党と連立を組んで、鳩山政権が発足した。そのときから、在日米軍の見解に相違があり、三党合意のとりまとめが難航していたはずだ。
 で、やはり在日米軍の問題で、福島党首は当初の主張を曲げず、辞職もせず、閣内で我を通したから、鳩山首相は罷免した。ここであえて福島党首と書いたのは、社民党全体が一枚岩でないからだ。社民党の議員数はわずか。閣内にいて連立を組むことで政府への影響力を行使できるので、協力関係を保つとしても、閣外でどうやって存在感を示すことができるのか。そう考える党内の相違をとりまとめる前に、福島党首は閣議決定を拒否したのだ。
 社民党は、連立から離れるだろう。鳩山首相も無傷では済まない。福島党首罷免後の記者会見で、沖縄にも徳之島にも、日米合意の内容に辺野古、徳之島を明記したことから、謝罪があった。国外移転、悪くても県外移転、と言ったのは、本意はどうあれ、鳩山首相本人である。続投しても、世論は許さない。
 政権の枠組みが維持できず、大きなニュースにはなっていないが、予算以降、委員会での強行採決が続いている。とどめは郵政法案。亀井大臣肝いりの法案、委員会審議は一日だと言うから恐れ入る。強行採決で、数の力でぐいぐい法案を通していく状況は、民意を受けて政権交代を高らかにうたった党とは思えない。
 政府の舵取りは、ほぼすべて、7月の参議院選挙をにらんでのことと考えていい。選挙までに決めておかなければならないこと、後送りすること、案件について政府と党の思惑がずれが生じているため二進も三進もいかないこと、いろいろ抱えているうちに、支持率は下がる一方。参議院選で民主党は、勝つことはおろか、現勢維持がいいところと私は見ている。
 ただ、民主党以外の選択肢も今のところめぼしいところが無く、基盤が堅い党が議席を取っていくのではないかと思う。
 ほら。自民党末期に近いでしょう。政界再編しかない、のだろうな。国民を放っておいて。

                            (仲)

                            戻る

« 鳩山退陣秒読み    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 口蹄疫感染拡大と菅内閣     ~ゆうてもええかな~ »