« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月17日 (土)

アイスランド噴火と環境問題    ~ゆうてもええかな~

 アイスランドで火山の噴火が起き、火山灰が一時成層圏にまで達した。今はやや落ち着いているが、気流に乗って東南、即ち北ヨーロッパに火山灰が広がったものだから、エンジントラブルを恐れた航空会社が欠航し、今や空港を閉鎖、または運行中止を決めた範囲が23カ国に及ぶのだから、とんでもない混乱が起きている。
 まずは、噴火による被災者にお見舞い申し上げる。火口が氷河の下にあって、広範囲にわたって氷河が溶け、洪水被害に遭っている被災者が数千人に上るとのこと。中国青海地震でも死者が千人を超えているとの報道があり、自然の威力をまざまざと見せつけられた。
 噴火、欠航による経済損失も大きく、日本からの直行便も引き返したりしている。ゴールデンウィークを目前にして、今後収まってくれるのか、あるいは風で流されて移動拡大するのか、予断を許さないところである。
 そのあたりのところは、日々刻々状況が変化するから予想分析は専門家にまかせて、別のことを考えた。
 アイスランドの火山灰が、英仏独といったEU主要国にまで影響が及ぶ。これ即ち、ヨーロッパがいかに実感覚としての距離が近いか、を示している。これが自然界の出来事だから、困ったけど仕方ない、となるが、人為的に有害な物質が漏れ出したとしたら。今回ほど広範囲にわたらずとも、自国内で留まるとは限らず、近隣諸国に影響を与えること必至と考えねばならない。
 大気にもちろん国境はないし、土壌汚染や水質汚濁についても、ライン川やドナウ川など、国境を越えて流れ、汚染物質を下流の国へ運んでしまう怖れがある。だから、環境保護、汚染防止は時刻の問題ではなく、ヨーロッパ地域の問題である。だから、国際的取り決めをしようということに熱心で、ヨーロッパだけでなく地球規模で環境問題に取り組む基礎となっている。そのことを再認識した。
 しかし、今やEU主導で国際的取り決めをまとめることができなくなっているのは、先のCOP15の結果を見れば分かる。欧米が決めた世界基準が新興国の考えに当てはまらないことを認識して環境問題を考え直す必要があるように思う。

                          (仲)

                          戻る

2010年4月10日 (土)

たちあがれ国民    ~ゆうてもええかな~

 民主党も、ずいぶん頼りない印象を持たれるようになってしまった。そのほとんどが、鳩山首相のいわゆる子供手当、小沢幹事長の政治資金問題、これまた鳩山首相の普天間問題の対応と、トップ二人の影響が大きい。新年度からの新制度、これはホントの子供手当と高校原則無料化、高速道路料金新体系と、耳障りはいいが実際に実施してみるとあまりありがたみがない感じがして、そろそろ民主政権への夢が色あせてきている感じがする。
 かたや自民党、民主党の批判の受け皿にもなれず、逆に谷垣総裁率いる執行部も隙だらけの民主党を攻められず、存在感が薄くなるばかりである。最近では、自民党のニュースとなると、離党するかしないか、という話が飛び交う始末。
 そして本当に離党した与謝野氏などと、平沼グループとが手を組んで、新党を旗揚げした。名付けて『たちあがれ日本』。名付け親は石原都知事。バックアップの姿勢だから、『みんなの党』よりも基盤は強い。
 で、自民党を出て何をするかといえば、反民主党を旗印に、自民党でできなかった税制改革や憲法改正、政界再編を掲げた。しかし、政界再編は別にして、税制改革や憲法改正は、自民党の基本政策であったはず。確かに今の自民党では議論さえままならないが、だからといって少数の政党のを立ち上げてどうにかなるとも思えない。
 結局、政界再編のための党だということになる。参院選後、民主圧勝はない。かといって批判票の受け皿もなく、自民が再浮上できる様相でもない。民主党は過半数を確保できず、連立政権を模索することになる。どこと組むか。社民党、国民新党と組むのは気が進まないだろう。公明党はまだ政策に溝があるし、そうなると保守でわいて出た党と組むことも考えの一つだ。その準備のための新党旗揚げ、としか思えない。
 このまま鳩山政権が迷走すれば、民主党も一枚岩ではない。保守とリベラル、いつまで仲良くできるか。それもこれも、次の参院選の結果が大きく影響する。立ち上がれ国民。夏以降の政権の形を決めるのは、参院選次第。一票の権利、無駄にはしたくない。

                           (仲)

                           戻る

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »