« 小沢対検察    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | プリウスのリコール余波    ~ゆうてもええかな~ »

2010年1月23日 (土)

事情聴取の儀式が済んで    ~ゆうてもええかな~

 また民主党小沢幹事長の話になる。ホットな話題なのでご勘弁願いたい。私だって、JALの話やハイチ大地震の話、景気の先行きや『とめはねっ!』で盛り上がる書道、小林繁元投手の思い出など、書きたいことはたくさんあるのに。
 小沢幹事長は23日夕方から夜にかけて、東京地検特捜部の任意の聴取に都内のホテルで応じ、その結果を聴取後すぐに記者会見を開き、聴取の内容をマスコミに説明した。同時に文書を配布して、説明する姿勢を明確に打ち出した。
 不正資金受け取りの否定、政治資金不正記載への関与を否定して秘書に任せたと説明した、融資資金手配の関与の否定など、検察が小沢氏に確認したい内容に関して、すべての関与を否定した過怠となった。
 記者会見での小沢氏の態度は、偉ぶらず高ぶらず、冷静に要点を述べ、質疑応答にもそつなく答えた。印象としては、小沢氏本人の言葉というより、用意した原稿の内容を述べ、想定した問答に終始した形だ。
 ただ、この聴取、小沢氏が何を言うか、発信するかには大きな意味はないと考えている。小沢氏は検察の事情聴取に応じたことによって捜査への協力を示し、説明責任を果たしたという根拠にするための儀式に過ぎない。何を聞かれるか、何を答えるかは予定通りで、粛々と進んだ。ここまでは。
 検察は忙しい。任意とはいえ、事情聴取での供述という形で小沢氏の認識を文書、即ち明確な証拠とすることができたところに意義がある。検察はこれから石川議員らの供述との整合、押収した資料の読み込みと経緯の読み解きで、小沢氏を追い込む材料があるか、検討することになる。もちろん、検察の狙いは、秘書の問題だけで終わらせるつもりはない。土地購入に関する資金の複雑な流れを解きほぐし、そこに裏金が紛れ込んでいないか、政治資金の不正取得がないか、を追求したい構えだ。田中元首相からの流れをくむ金権政治の、おそらく残り少ない大物を追い込むことに指名を感じている様子が見える。
 さて、小沢氏の幹事長辞任まで追い込むか。議員辞職までは追い込めまい。が、鳩山首相とてすねに傷持つ状態だけに、小沢氏は表の役職からの退くこともありそうだ。要注目。

                              (仲)

                              戻る

« 小沢対検察    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | プリウスのリコール余波    ~ゆうてもええかな~ »