« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月23日 (土)

事情聴取の儀式が済んで    ~ゆうてもええかな~

 また民主党小沢幹事長の話になる。ホットな話題なのでご勘弁願いたい。私だって、JALの話やハイチ大地震の話、景気の先行きや『とめはねっ!』で盛り上がる書道、小林繁元投手の思い出など、書きたいことはたくさんあるのに。
 小沢幹事長は23日夕方から夜にかけて、東京地検特捜部の任意の聴取に都内のホテルで応じ、その結果を聴取後すぐに記者会見を開き、聴取の内容をマスコミに説明した。同時に文書を配布して、説明する姿勢を明確に打ち出した。
 不正資金受け取りの否定、政治資金不正記載への関与を否定して秘書に任せたと説明した、融資資金手配の関与の否定など、検察が小沢氏に確認したい内容に関して、すべての関与を否定した過怠となった。
 記者会見での小沢氏の態度は、偉ぶらず高ぶらず、冷静に要点を述べ、質疑応答にもそつなく答えた。印象としては、小沢氏本人の言葉というより、用意した原稿の内容を述べ、想定した問答に終始した形だ。
 ただ、この聴取、小沢氏が何を言うか、発信するかには大きな意味はないと考えている。小沢氏は検察の事情聴取に応じたことによって捜査への協力を示し、説明責任を果たしたという根拠にするための儀式に過ぎない。何を聞かれるか、何を答えるかは予定通りで、粛々と進んだ。ここまでは。
 検察は忙しい。任意とはいえ、事情聴取での供述という形で小沢氏の認識を文書、即ち明確な証拠とすることができたところに意義がある。検察はこれから石川議員らの供述との整合、押収した資料の読み込みと経緯の読み解きで、小沢氏を追い込む材料があるか、検討することになる。もちろん、検察の狙いは、秘書の問題だけで終わらせるつもりはない。土地購入に関する資金の複雑な流れを解きほぐし、そこに裏金が紛れ込んでいないか、政治資金の不正取得がないか、を追求したい構えだ。田中元首相からの流れをくむ金権政治の、おそらく残り少ない大物を追い込むことに指名を感じている様子が見える。
 さて、小沢氏の幹事長辞任まで追い込むか。議員辞職までは追い込めまい。が、鳩山首相とてすねに傷持つ状態だけに、小沢氏は表の役職からの退くこともありそうだ。要注目。

                              (仲)

                              戻る

2010年1月16日 (土)

小沢対検察    ~ゆうてもええかな~

 二週連続で小沢幹事長関連問題を取り上げる。他にネタはあるのだが、大きく動いたので、触れておきたい。
 15日、石川衆院議員が東京地検に逮捕された。同時に池田元秘書も、次いで大久保秘書も逮捕された。二人とも小沢氏の元秘書で、資金管理団体「陸山会」の事務担当者だった。容疑は、政治資金規正法違反。2004年に「陸山会」が取得した土地の購入原資4億円の政治資金収支報告書に記載しなかった、虚偽記載の疑いである。
 それまで任意での聴取だったが、家宅捜索に踏み切った後、身柄確保が必要との判断で逮捕に踏み切った。在宅起訴でなく逮捕となったのは、18日から通常国会が始まるため、現在は衆議院議員である石川氏の逮捕が難しくなるから。国会議員は国会開会中、議会の同意なしに逮捕できない、不逮捕特権がある。開会中に石川氏を逮捕するには衆議院の同意が必要だが、民主党が過半数の議会に民主党議員の逮捕を認めさせるには、地検は逮捕が必要である証拠を求められるから面倒で、よほどのことがない限り逮捕請求はできない。だから開会前に身柄を確保したかった。それと、証拠隠滅の怖れ、もっと勘ぐって言えば究極の証拠隠滅である自殺もあり得たから、か。不正疑惑があった議員の秘書が自殺した例は、過去何件かあった。
 本丸である小沢幹事長の聴取まで持ち込めなかったのは、地検も残念だろう。しかし、昨年の西松建設問題の時のように「国権による不当捜査だ」と怒るような姿勢は、小沢幹事長には見えない。政治資金収支報告書が間違っていることは認めざるを得ない。土地を買ったことは事実だから。ただ、小沢幹事長にとって検察は自民党時代からの仇敵で、捜査協力はするまい。
 小沢幹事長の処遇にまで発展するかどうかは、検察が土地購入原資の4億円の出所を追求できるかにかかっている。その一部でも、ゼネコンからの裏献金があったとすれば、民主党としても小沢幹事長のままで参院選を戦うことはできないだろう。社民党の連立離脱も可能性無しとは言えない。
 自民党などの野党は徹底追求の構えで、それはそれでやって欲しいが、民意の求めることは何かを忘れないよう。国民のおそらく多くが、景気対策、補正予算と来年度予算の成立の方が優先だと思っているのだから。鳩山首相殿、いや、今ひとつ頼りないから民主党殿、景気対策よろしく。

                            (仲)

                            戻る

2010年1月 9日 (土)

鳩山・小沢後の政局は    ~ゆうてもええかな~

 新年最初の掲載になります。今年もよろしくお願いします。
 正月くらい夢のある話がいいのだが、民主党に初期微動が起きている方に触れたい。下手すると地割れができるかもしれない。
 藤井財務相が健康理由に辞任し、後任に管副首相が就いた。反小沢の重しが取れたことで、ますます小沢幹事長の立場が強くなり、7月の参院選勝利に向けて動くところであるが、資金管理団体の土地取引問題で、東京地検特捜部から任意での事情聴取を要請された。マスコミでは、小沢氏がいつ聴取に応じるのか、それとも応じないのか、と報じているが、そんなことより、特捜部が小沢氏本人に聴取要請していること自体に注目すべきだ。政治資金の出所と使い道、それを政治家本人に、たとえ任意であれ事情聴取に動いたということは、資金管理団体の責任者が勝手にやったことで自分は与り知らぬ、と逃げる道をふさぐだけの証拠固めをしていると思っていい。小沢氏がどう動こうが、検察から見て政治家本人に責任を問う案件として捜査を進めており、あるいは逮捕に踏み切る可能性もあるだろう。
 小沢幹事長としては、民主党の政権基盤をより強固にするために、あるいは自身の野心成就のために、今夏の参院選でどうやって過半数を取るかが目下の懸案で、それには自分が陣頭指揮を執ることになるし、鳩山首相もそれを望んでいるはず。選挙戦略で民主党を引っ張れるのは、良くも悪くも小沢幹事長が筆頭だろう。ただ、それだけの実力を持ってしても、自民党で幹事長をしていたころから今まで、安定した基盤を作ることができなかった。剛腕との評判で、自分の考え通りにいくときの政治手腕は強力だが、批判されたとき、守勢に回ると弱い。それが顕著に表れたのが、昨年末、中国副主席来日時の天皇陛下との面会設定時の対応である。記者会見での語気といい、言い回しといい、宮内庁内規を守らなかったのがなぜ悪い、と、上から目線で、もしくは逆ギレした感じで、批判を突っぱねて封じた。気にくわない者には説明不要、正は我にあり、で押し通す傾向がある。昨年、民主党代表の座を降りたのも、自分に問題があるからではなく、衆院選をにらんだ対策、我を通すための撤退だった。
 今回の政治資金管理の問題、小沢幹事長はどう捌くつもりか。しばらく静かにして、政策実行で得点を稼いで国民の目をそちらに向けさせて参院選、だろうな。予算などの重要法案を通すために鳩山首相のクビを差し出すくらいは平気だろう。自身も、いったんは幹事長から降りるかもしれない。
 6月の時点で、誰が首相だろう。菅氏、岡田氏、前原氏、仙石氏、原田氏。誰でもいいんじゃないか、たぶん。
                          (仲)

                          戻る

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »