« COP16で決めること    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 鳩山・小沢後の政局は    ~ゆうてもええかな~ »

2009年12月26日 (土)

さあて、来年の鳩山政権は    ~ゆうてもええかな~

 なんだかんだで、今年も残りわずか。転換の年になったのか、大騒ぎしたほどには実質的に変わらなかったのかは、来年以降を見ないと分からないだろう。
 ただ一つはっきりしているのは、自民党が一気に弱体化したことだろう。長年政権を担っていた政党とは思えないほど、影響力が落ちている。民主党とて、鳩山首相の政治資金管理問題、小沢幹事長周辺の西松建設問題と、明らかな敵失であるにもかかわらず、追求して攻めることができない。年明けの通常国会招集後からの動きになるだろうか。通常国会では今年度の補正予算案と来年度の予算案の審議が控えているが、この審議入りに抵抗して種々の問題を追及することができるか、その駆け引きができる情勢とは思えないのだが。与党に問題があれば野党はそれを糾弾するのが役目だが、自民党も、叩けば同様のほこりが出そうなのと、予算審議を遅らせるのは景気対策の面から見ればマイナスで、景気対策執行の邪魔をしているように見られるのは本意ではなかろう。
 そういうわけで、鳩山政権を自民党が苦しめる図式になるのは考えにくいが、鳩山首相も安泰ではない。来年の鳩山政権は、今年解決できなかった積み残しの問題を処理できなければ、安泰とは言えない。解散さえしなければ民主党は与党であり続けるが、首相の座は安泰ではない。
 来年夏、7月だったか、参議院の選挙がある。半数改選で、自民党に逆転される心配はないが、民主党の目論見としては、参議院でも過半数か、それに近い議席を獲得するのが望ましい。今の三党連立政権では、特に米軍基地問題や外交面でにっちもさっちもいかなくなる。その他の政策でも民主主導で調整ができず、連立与党だからと振り回される。民主党のマニフェスト実行に支障が出るならば、今年の総選挙で集めた票は、離れてしまう。民主党のなかで、鳩山首相のリーダーシップを疑う声が出て、このままでは参議院選は苦戦するとなれば、首をすげ替えて選挙の顔たり得る党首が立つだろう。鳩山首相の敵は野党ではない。民主党内であり、外交成果であり、景気対策実行力であり、マニフェスト実行能力であり、それを含めた世論、支持率なのである。
 大技で、参院選後の与党連立組み替えという可能性も否定できない。今の三党より、民主・公明連立の方が安定すると考えても不思議はない。
 1月の名護市長選、来年度予算審議、参院選。さあて、鳩山政権はどう対処するのか。

                            (仲)

                             戻る

 (新年第一週はお休みします。第二週から再開予定です。)

« COP16で決めること    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 鳩山・小沢後の政局は    ~ゆうてもええかな~ »