« ボーナスあるかな    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 事業仕分けとデフレ    ~ゆうてもええかな~ »

2009年11月14日 (土)

行政IT化の功罪    ~ゆうてもええかな~

 何ともあわただしい一週間であった。鳥取の不審死事件、島根の女子大生殺害事件と続き、世の中殺伐としているなあと思っていると、英会話講師死体遺棄事件で容疑者の身柄確保、さらにニュース速報が流れ、森繁久弥氏死去、さらに速報で先の容疑者逮捕。国会では来年度予算編成の事業仕分け作業。それから天皇即位二十周年式典。オバマ大統領来日。フェリー横転のショッキングな画面。ニュースに事欠かない日が続き、次から次へと情報が駆けめぐった。ちなみに、元人気女優の覚醒剤使用事件の判決が出てからまだ一週間経っていないが、覚えておられるであろうか。
 これだけネタがあると頭がとっ散らかって、何を中心に書いたらいいのか分からなくなったので、個人的な話から入ろう。
 今週、本籍地の大阪市某区役所から配達記録の郵便が届いた。曰く、従来戸籍は紙ベースであったが、電子化することになった。ところが、戸籍に記載されている私の名前、姓名の名の方だが、コンピュータで使われる正字と異なる表記になっている。正字で登録しなおしていいか。何らかの理由で戸籍の表記を日常生活でも使用しているなら、コンピュータで登録のない文字なので電子化できないから紙のままにしておくので、その場合は今月中に区役所戸籍係に連絡しなさい。
 そう言われても、戸籍自体、謄本を見たことがあっても、どんな文字で記載されているかまで見ていない。親に教えられた正字体で生活している。逆にどんな字体で戸籍に載っているのかが、私には分からない。区役所で閲覧でもしようかと思っている。
 ここで一抹の不安を覚えた。戸籍の電子媒体化の作業は、手作業なのか住民基本台帳のデータを使うのか知らないが、照合は人間が行う。転記ミスの可能性があるのは、年金記録の騒動で身にしみている。電子化する際に間違われると、普段目にしないから、滅多なことで気がつかない。
 各種申請等、行政もIT化の流れに乗っているが、普及率は高くなく、結局役所に足を運ぶことになる場合が多い。インターネットで申請なんて便利なようだが、使い慣れていない人には難しい。サイトを表示するためのソフトが必要であったり、セキュリティソフトがブロックしたり、ログインできなかったり、入力も半角カナはダメだと気づかなかったり。
 これを読まれる方は問題ないと思うが、私の家族で言えば、両親と姉夫婦は難しいだろう。比較的対処できるのは私だけ、ネット普及率20%である。電子システム推進が来年度予算の事業仕分けの対象になっているのも、さもありなんと思う。いつまでもアナログでやれ、とは言わないけど、ハードとシステムだけではなく、利用者サイドへの普及活動も必要だろう。エコポイントだって、申請手続きが面倒で、今のところの交換率は50%程度と聞く。IT化を進める人は、自分の親が問題なく利用できるレベルを想定してシステムを作るのがいいと思うが、どうか。

                                  (仲)

                                  戻る

« ボーナスあるかな    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 事業仕分けとデフレ    ~ゆうてもええかな~ »