« 総選挙後に来るかもしれない景気不安    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新型インフルエンザとシルバーウィーク    ~ゆうてもええかな~ »

2009年9月 5日 (土)

民主党が自民党化する日    ~ゆうてもええかな~

 308議席。まさかここまで民主党が議席を伸ばすとは思わなかった。過半数を確保するかどうか、程度と予想していたのだが。これで鳩山代表が次の特別国会で首相に指名されることが確定した。
 下野することが確定した自民党は、次の総裁を決める選挙を、16日の特別国会召集後、月末に実施する予定である。だから、首班指名の日は、まだ次の総裁が決定していないことになる。自民党議員は特別国会で誰を選ぶのだろう。党で統一できなければ、自民党議員で首相指名投票の得票数が100を超える人が出ないかもしれない。村山連立政権発足時以来のできごとだろうし、このときは連立与党として村山首相を担いだのだから、今のような状況は結党以来の苦境だろう。
 民主党の方は、安定多数を確保した。ただ、今の民主党、鳩山代表の動き、発言を見ていると、ここまでの大勝によって、かえって不安要素を抱えたように思う。その最たる事案が、小沢代表代行の幹事長就任である。
 これは、鳩山代表の決断というより、小沢代表代行の圧力によるものと見ている。総選挙で大勝した。政権を奪取した。これは小沢代表代行の手腕によるところが大きい。そして所帯が大きくなりすぎた。これをとりまとめられるのは誰か。そして、来年の参議院選挙で、自民党をもう一度抑えて参議院での多数を確保しなければならない。自民党には、今回落選した大物が議員復活をねらうだろうから、擁立する候補者に事欠かぬ。だから選挙に強く、大所帯を切り盛りしたノウハウを自民党旧田中派から受け継いだ小沢氏を幹事長に据える。それを何よりも小沢氏本人が望んでいるはずだ。小沢氏の民主党内での存在理由はそこにあると言っていい。
 そうなると当然、岡田現幹事長、管代表代行としては、閣僚ポストに就くことになり、民主党内への影響力が小沢幹事長によって抑えられ、前原氏などの党内リベラル派は少数派閥に追いやられる。そう。小沢氏を中心に据えることで、小沢派と反小沢派という派閥の構図が発生することを危惧する。民主党内、一枚岩ではなく、自民党内で田中派が主流派閥として牛耳っていた体制が再現する可能性が高い。
 小沢氏が自民党旧田中派にいたころに豪腕をふるった結果である自民党政治を嫌った、その結果が308議席なのだから、自民党政治と同じことを繰り返すなら、民主党政権は長くない。同じ轍は踏まないようにしてもらいたい。
                                         (仲)

                                         戻る

« 総選挙後に来るかもしれない景気不安    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新型インフルエンザとシルバーウィーク    ~ゆうてもええかな~ »