« 民主党が自民党化する日    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 高速道路が無料になれば    ~ゆうてもええかな~ »

2009年9月12日 (土)

新型インフルエンザとシルバーウィーク    ~ゆうてもええかな~

 ある意味、観光業界にとっては大きな期待であっただろう。9月の敬老の日、秋分の日を含んだ5連休が、来週に迫っている。鳩山新政権が発足するのは今週だろうから、まだ高速料金ETC割引、週末上限千円は中断されないはず。ETC装置も、この夏までにほぼ引き合いに対して行き渡ったようだし(ETC装置メーカーの増産が落ち着いたらしい)、お盆と違って帰省という縛りがない。行きたいところに気軽に出かける、そういう行楽客の受け入れ準備をしている業者が多かろう。惜しむらくはお盆の帰省から約一ヶ月で、どれだけ行楽にお金を回せる世帯があるか、微妙なところではある。10月なら、旅行シーズンに入るため、旅行業者なんかもプランを組みやすいだろうと思う。
 それでも季候はいいし、そもそも例年だとオフシーズンで、旅行客は落ち込む時期だから、今年は夏休みから5連休のシルバーウィークまで見越してプランを設定している業者も多い。しかし、今ひとつ盛り上がりに欠ける。シルバーウィークが浸透していない以上に、新型インフルエンザ対策で外出を控えようという傾向が現れ始めているのが大きい。
 企業も、全国的流行状態への対応に入っており、不要不急の出張・会議を控え、発熱者の出勤停止など、具体的な規制を布いているところが少なくない。そして、ここ最近の報道。流行のピークは9月下旬から10月になるとの予想があったり、死亡例が報道されたり、予防ワクチンが早くて10月下旬にならないと間に合わないといった、見るものを不安にさせる内容が多い。伝播力は通常の季節性インフルエンザと同じようだから、完全に防ぐことは難しく、8月の発生例を見ても集団感染、宿泊場所が同じだったとか、同じ大会・会合に出席していて感染したという例が少なくない。
 子供連れの家族としては、悩ましいところだろう。遊びに行きたい、5日も家の中でゲームをやっているより連れ出した方が健全だろうと思う反面、新型インフルエンザに感染したら困る、と、二の足を踏む家庭もあろう。せっかくの行楽のチャンスに、ブレーキがかかるのも当然だろう。
 国内の景気は、回復しているようで、直近の情報だと足踏み状態と思わせる動きが出ている。家電の売り上げが頭打ちの気配を見せ、設備業者や請負加工業者は未だに稼働が戻らない。高校卒の就職内定率も下がっていて、企業の人員採用意欲は冷え込んでいるままである。エコ関係の一部だけが動く、偏った景気回復は、息切れが早い怖れがある。
 私のシルバーウィークは、インフルエンザに罹らないよう、気力、体力、資金を温存する予定である。どこかへ連れて行く人も子供もいないしね。
                                          (仲)

                                          戻る

« 民主党が自民党化する日    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 高速道路が無料になれば    ~ゆうてもええかな~ »