« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

総選挙後に来るかもしれない景気不安    ~ゆうてもええかな~

 実は今週、まるまる一週間出張に出ていたため、テレビや新聞をじっくり見る時間がなかった。その代わり、景気の状況について、現場の生の声を聞いてきた。
 先週、この欄で、9月以降の新型インフルエンザの流行と景気回復停滞のおそれがあると書いた。新型インフルエンザはやはり本格的に流行していると厚生労働省も認定し、予防ワクチン、マスクに品薄感が出始めている。一部の企業では不急の出張や会議の自粛、来客者へ洗浄液での手洗いの励行依頼、出社前の検温義務づけなどの対策を始めている。
 それと。景気動向について、どうやら回復局面が続いていると言えなくなってきている。選挙演説では、景気対策の効果を声高に叫んでいて、確かに4-6月の状況は悪くない。もっと細かくいえば、7月、8月のお盆前までは、牽引する業種の好調、主にエコポイントによる薄型テレビをはじめとする家電、減税と補助金によるエコカーの販売増、それに伴う原材料まで遡及した工場稼働率が回復した業種が景況を回復局面にあることは事実だ。だから、景気対策の効果があったことは確かだ。
 しかし。この夏、北日本方面の低温傾向により、エアコンのような季節家電の販売が伸びなかったこと、テレビも液晶テレビのみが伸びたこと、車はハイブリッドカーに限られてしまったことで、生産ラインの稼働に偏りが出始めるのではないか、とささやかれ出している。テレビも車も、多くの部品で作られている。そしてその部品は、一日の生産個数がそれぞれ決まっていて、その生産速度は部品によって異なる。だから、在庫をギリギリに絞っていた夏前は、すべての部品生産の稼働させる必要があったが、ある時点で、大量生産できる部品は在庫調整をしなければならない。
 これが、いろんな機種、車種が売れていれば、生産現場は、在庫調整をせず、別の部品を作って工場を稼働させることができるが、一種しか売れていないのであれば、在庫調整は即ち生産ラインの稼働調整に他ならない。もっと具合の悪いことに、そういう状況が見えてしまうと、設備投資の動きが回復しにくい。設備メーカーが回復しないと、機械部品が動かない。このあたりまで動かないと、倒産件数や失業率の回復が難しい。景気回復が体感としてピンとこないのは、このあたりにも原因がある。
 これを書いているのは29日、土曜日。明日が総選挙投票日である。どのような政権ができあがっても、景気回復対策を誤ると、民心が離れるのは早い。心していただきたい。
                                          (仲)

                                          戻る

2009年8月22日 (土)

衆院選投票まで1週間    ~ゆうてもええかな~

 ここのところ出張続きで、ニュースを細切れでしか見ていない。気がついたら衆議院選挙が公示されていて、その日は埼玉の某駅前で候補者の演説風景を見て、やっと選挙なのだと実感した。週末に帰宅したら、選挙管理委員会から投票案内状が届いていた。が、自分の住む選挙区の立候補者が誰か、全然知らない。まあ、不自由はないが。
 マスコミで選挙の情勢などを見聞きすることはあるが、以前から私は、選挙期間中の情勢報道は見ない。目にしても気にしない。これは私自身の決めごとであって、報道に意味がないという気はさらさら無いし、世論が何を見てどう動こうが、それについて批評するつもりはない。選挙戦が周知されて投票率が上がるのはよいことである。
 私は、よほどのことがない限り、投票に行く。投票する候補者は、行くまでに決める。どの候補者に投票するかを決める判断基準はただ一つ、選挙公報である。ここには、マスコミというフィルターを通さない、候補者の生の声が書いてある。主義主張思想をダイレクトに知ることができる。そこに書かれていることを見比べて判断する。政治に参加する権利を行使をする1票だから、自分の目で判断したい。それには、本人の主張を直に読むのが一番だと思っている。
 マスコミの報道は、それはそれで参考になるだろう。各党の主張の比較や情勢分析、地方版なら個々の選挙区の情報まで見ることができる。しかし、情報を利用したいと思うなら、その報道内容はマスコミが収集した事実に基づいていることに留意した方がいい。簡単な例でいうと、支持率調査。その数字は、大きな違いはないが、数値そのものが各社すべて同じにはならない。調査方法も調査対象も違うのだから、当たり前だ。だから、マスコミの情報を利用して判断しようと思うなら、複数のマスコミの情報を比較して見る方がいい。
 新型インフルエンザの流行が本格的になっている。これ以上広がれば、医療関係の混乱はもちろん、9月の5連休を当て込んでいた旅行関係や外食産業への影響や各種催事の縮小自粛といった、景気の足を引っ張るような事態も考えられる。それでなくても、景気が回復しているように見えるのは一部業界の一部機種牽引によるものだから、長続きせず、10月以降に回復が鈍る危険性ありと見ていて、その舵取りを誰に任せればよいか、慎重に考えて投票すべきと思っている。
 あと1週間。まだ、考える時間はある。
                                         (仲)

                                         戻る

2009年8月15日 (土)

夏でもインフルエンザ    ~ゆうてもええかな~

 帰省ラッシュだ高速道路渋滞だと、見るのもうんざりするが、この移動が多い時期に要注意の話をしておきたい。
 沖縄で、国内初の新型インフルエンザによる死者が出た。韓国でも初の死亡例が出た。夏場にもかかわらず、小流行が各地で発生しており、罹患者の数は減る気配を見せない。
 全世界的に見ても、WHOの警戒レベルは6段階が続いており、気温が低い南半球での流行拡大が監視されている。今、懸念されるのは、この全世界レベルで新型インフルエンザの分布が続き、9月10月と北半球の気温が下がってきたとき、欧米含めた爆発的大流行があるのか、ということである。
 インフルエンザ流行が長引くことで怖いのは、単に罹患者が拡大することだけではない。ヒトからヒトへの感染を繰り返し、他の型のインフルエンザウィルスと交雑することで、ウィルスが変性して猛毒化すること、既存のワクチンが無効化することである。重篤患者が出ること、これが拡大すること、これを防ぎたいのだが、残念ながら今月に入り、国内で重篤症状の発症例が出て、また別の地域で死者が出た。
 夏休み、お盆の帰省時期が重なっているため、国内でも人の移動が多いし、海外で夏休みを過ごす人たちも帰国してくる。人が行き来する、混雑する、そこでウィルスが飛び交う。現に移動による伝播の証拠として、中国に行っていたサッカー女子選手の感染が確認されたり、巡業中の大相撲の力士に感染例が出たりしている。
 この春はどうだった。新型インフルエンザ発生で、列島各地、どれだけ敏感に対応したことか。マスクはどこへ行っても売り切れ、発熱患者は急拵えの診察場所(車中とかテントとか、屋内の部屋でない場所もあった)に連れて行かれ、罹患患者との濃厚接触者は有無をいわせず隔離。異様とも言えるほど神経質に取り扱い、拡大を防いできたのに、今はどうだ。4月頃よりも危険度という点では増しているが、帰省で混雑する駅の画像をニュースで見ても、誰一人、マスクをしている姿が見られない。
 政府はこういうときこそ、正確な情報を出して必要な注意を呼びかけてほしい。どの程度警戒すればいいのか。どういう対策が必要か。選挙前でも、死者が出ました、という発表だけでは、国民はどの程度心配したらいいのか分からない。
 明日から出張なんだけど。マスク、要るかな?
                                          (仲)

                                          戻る

2009年8月 7日 (金)

裁判員かあ    ~ゆうてもええかな~

 体調を崩してしまい、先週分をとばしてしまいました。失礼いたしました。
 さて、あらためて今週、何を書こうか考える。ネタが多すぎて困る。
 芸能人の覚醒剤汚染。おいしいネタだろうが、マスコミは騒ぎすぎだ。芸能関係者とはいえ、一容疑者である。山狩りするかのように報道で追い詰めるのはどうかと思う。
 広島原爆の日。4月のオバマ大統領の演説から、核縮小の機運が出てきているのは喜ばしいことである。次の日曜日は長崎原爆の日。被爆から64年、核は依然として軍備のカードとして残っている。核廃絶は遠い。
 裁判員制度開始。これもまだまだ論議を尽くさねばならない制度だと思う。一般市民が被告を裁く側に入って、その有罪無罪、量刑にまで意見を述べるというのだから、生半可な覚悟で引き受けられないし、引き受けてほしくない。何しろ、該当事件についてほぼ予備知識無しに招集され、抽選で裁判に放り込まれる。裁判官も、検事も、弁護士も、みな六法全書を勉強して司法試験をクリアしてきた人たちである。その人たちに証拠とその説明を受けて、判断しなさいといわれたら、とまどって臆するのが普通だろう。今回の6名、途中交代の1名を加えた7名の方々、4日間でよく判決まで終えられたものだと、感心する。ランダムに選ばれたはずだが、日本国民の意識レベルが高いのか。たまたま適正がある人たちが選ばれたのか。検証は必要だ。
 証拠を裁判員に説明するのに、検察は3D画像を作成してモニターに映していたが、私は納得できなかった。検察・弁護双方の論争の場である法廷で、素人にわかりやすいようにプレゼンするやり方に、分かりやすさに隠れた演出が無かったか。事実をもって判定する裁判員に対して、意図するしないに関わらず、加工した情報を提示するのは、予断を挟む余地を加えることになりはしないか。
 そして裁判終了後は、記者会見である。裁判員が並び、顔を出して記者の質問に答える。プロには見えないが、ずぶの素人とも思えない応答だった。あまりにも皆さんのできがよすぎて、本当はスタートにあたってある程度力量のある人たちを集めたのではないか、と勘ぐりたくなるほどだ。日本の一般人は、これほどレベルが高かったのか。
 一番疑問に思ったのが、マスコミの報道である。裁判員制度第一号の公判でなければ、被告と被害者遺族が報道にさらされることはなかっただろう。報道は配慮するがいい。
 どうせなら、クリントン氏の北朝鮮訪問のニュースの方にもっと時間を割いてほしい。私的訪問?行きも帰りも、チャーター機が米軍三沢基地で給油しているのに。私的なら、北京経由で入るのが常道である。日本がないがしろにされている現状を憂う、その方が報道すべき案件だと思うんだけどなあ。
                                          (仲)

                                          戻る

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »