« アツい夏    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 裁判員かあ    ~ゆうてもええかな~ »

2009年7月24日 (金)

地デジ化まであと2年    ~ゆうてもええかな~

 アナログ放送が、あと2年で終わるそうだ。2011年7月24日をもって、地上波はすべてデジタル放送に切り替わるらしい。断定して書いていないのは、私自身内心、あと2年で本当に移行できるかどうか微妙と見ているからだ。
 送波側、すなわちテレビ局側は、なんとしてでも対応を終えるだろう。地方局が中継局の設置が間に合うか、ギリギリの状態ではないか、間に合わせるとしたらその分の設備投資費用の負担をどう処理するかがポイントではないか。広告収入が減って、テレビ局も経営が厳しい。しかし決まったことだから、カバーするエリアはデジタル放送を送波しなければならない。融資を受けてでもやらなきゃならないはず。デジタル放送のために経営悪化、テレビ局倒産なんてことになれば、目も当てられない。
 受信する側、すなわち視聴者側は、一般住宅の場合ならさほど大きな問題はないだろう。UHFアンテナがあれば、電波は受信できる。あとは端末の受像機をデジタル対応にするか、チューナーを取り付ければ、見ることができるはずだ。
 問題は集合住宅である。共同アンテナで、デジタル放送対応ができていない場合は、そちらの対応工事が終了するまでデジタル放送は視聴できない。この対象になる集合住宅、団地やマンションがどれくらいあるのか、詳しく把握している組織はないだろう。政府や推進委員会が、宣伝すれば受け手側が頑張って対応するだろう、くらいに考えているとすれば、それは図々しい。そもそも地上波デジタル化は、満杯になっている通信電波の波長帯を整理して空きを作り、通信端末が増えるのに備えるのがそもそもの趣旨だったと記憶している。つまり、電波を使う側の都合で、アナログ波を停めてデジタル放送に切り替えるのであって、アナログ放送視聴者にとっては、いい迷惑なのだ。なのに、地デジ地デジと、視聴者側で買い換えるのが責務のようなキャンペーンの仕方が、気にくわない。少なくとも私は、デジタル放送がなくても困らない。
 ケーブルテレビを利用している場合でも、たいてい、デジタル放送視聴のプランは使用量が割高だったり、設備の取り替えに費用がかかったりする場合がある。これを機会にテレビを見るのを止めようか。パソコンがあればさほど困らないし、NHKの受信料も払わなくてすむ。真剣に考えてみようかな。
                                         (仲)

                                         戻る

« アツい夏    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 裁判員かあ    ~ゆうてもええかな~ »