« かぐやの功績    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | エコ替えの買い時    ~ゆうてもええかな~ »

2009年6月27日 (土)

解散できるか    ~ゆうてもええかな~

 今の衆議院議員の任期は、今年の9月で満了になる。もう6月も終わりだから、3ヶ月もすれば、総選挙に突入する。成り行きに任せても、である。
 この土壇場になって、解散の時期が噂されているし、麻生総理自身、衆院解散はそう遠くない時期である、と記者会見で発言している。任期満了ではなく、解散しての総選挙を目論んでいるようだ。いつになるかは明言していない。いや、決められないのが実態だ。
 今の衆議院は、与党が議席の3分の2を占めている。当時の小泉首相が、郵政民営化法案が参議院で否決されたのを受けて、解散・総選挙に打って出て、地滑り的勝利によって得た議席である。いま、同数の議席を獲得することは、普通に考えると無理だ。過半数を取れれば上出来だろう。
 支持率の低下も相まって、麻生首相が解散カードを切るタイミングの判断が、日を追うごとに難しくなっている。今のままでは分が悪い。だから首相側の考えとしては、党役員人事、さらには内閣改造も含めて、選挙の顔を取り込んだ陣容に入れ替えて解散、という段取りで、傷口を広げずに、あわよくば総選挙後も麻生首相続投、という絵を描いているように見える。しかし、すんなりといかない、いかせたくないと考えている議員さんがいて、話をややこしくしている。野党ではなく、与党の中に。
 まず、自民党内に、麻生首相では選挙に不利、と考える人たちがいる。さもありなん。麻生内閣の支持率は、いったん西松問題で盛り返したが、日本郵政人事でまたケチがついて、危険水域を割っている。だから、自民党総裁選を前倒して、総選挙用総裁を担いでどうにか総選挙を乗り切ろうと考える議員がいても当然だ。選挙に落ちたら浪人生活。できるだけ選挙戦を有利にしたい。己が当落のことを最優先で考えていて、非常にわかりやすい。
 また、東京都議会議員選挙の前に解散するか、後に解散するか、どちらを有利とみるかがポイントになっている。都議選で負けた後の解散になると、逆風での総選挙になる。都議選で勝った場合は……そういう予想をしている人は少ないようだ。だが、与党である公明党は、都議選前の解散は困る。公明党は組織票で戦う。二つの大きな選挙戦が並行してしまうと、動員をかけるにも分散してしまい、組織をまとめきれない。
 泣いても笑っても、猶予期間は短い。駆け引き綱引き、最後に誰が笑うか。答えが出る時期は、そう遠くない。
                                          (仲)

                                          戻る

« かぐやの功績    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | エコ替えの買い時    ~ゆうてもええかな~ »