« マスクがない!    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 総務相の正義の波紋    ~ゆうてもええかな~ »

2009年5月31日 (日)

GM破綻のその後    ~ゆうてもええかな~

 クライスラーに続き、GMも、連邦破産法の申請に踏み切る。そのこと自体は織り込み済みで、今日明日どうこうなるわけでは無さそうだが。
 GM本体への支援と再生がスムーズに進めば、その周辺、特に部品メーカーへの影響が少なくて済むから、経済への波及も限られた範囲に留まるだろう。回復のめども立てやすくなるというものだ。
 国内を見てみると、エコカー減税のおかげで、ハイブリッド車の売れ行きが伸びている。車種限定でも、ラインが動けば、周辺の部品メーカーも動く。現に、先月あたりから部品の作り込みに動いている。順調に動けば、多少は景気浮揚に貢献するだろう。
 若干脱線するが、エコポイントのおかげで、デジタル家電の売れ行きが伸びている。一応、エコポイントの対象には冷蔵庫やエアコンも含まれているが、デジタル放送対応テレビが相当強い。そもそも薄型テレビは、中国の普及政策によって在庫が捌け、品薄感が出ている。そこへ国内需要も急激に立ち上がったため、やや好転している状態だ。
 しかし、そのまま浮上するかどうかは分からない。今のところ、夏のボーナス商戦後の状況は読めない。一部機種を除いて、生産の前倒ししての作り込みの動きがないためである。
 車もそう。ハイブリッド車の生産量増加傾向ではあるものの、生産量を前倒しする動きがない。つまり、入荷まで数ヶ月待ちの状態を、前倒しして作り込む、という状況は見られないのである。他の車種も動かないことには、先行きの伸びがないのである。
 GMは、再生に向かう。しかし、生産量が戻らないと景況の浮揚は見込めない。もう少し、推移を見なければなるまい。
                                     (仲)

                                     戻る

« マスクがない!    ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 総務相の正義の波紋    ~ゆうてもええかな~ »