« 豚インフルエンザ拡大   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | エコポイントでのポイント稼ぎ   ~ゆうてもええかな~ »

2009年5月 8日 (金)

ETC割引は損か得か   ~ゆうてもええかな~

 ゴールデンウィークが終わり、一息ついた。
 この連休では、高速道路の混み具合が注目された。政府が鳴り物入りで導入した、ETC利用車両の休日割引で、大都市圏を除いた全国の高速道路で、通行料上限1000円に抑えられたためで、例年に比べて渋滞がひどくなるだろうと言われていた。
 結果は、長期間の連休になったために、やや分散傾向になったものの、全体に通行量が多くなり、特に本四架橋、その中でも明石海峡大橋へつながる自動車道の通行量は、通常の6倍にもなったという。大阪から、香川、徳島は日帰り圏内だから、讃岐うどんを食べにひとっ走り、なんていうこともできる。何しろ、片道1000円である。ETC搭載のない普通車は割引がないから、明石から淡路島を渡って鳴門まで、通行料5200円かかるところが、1000円なのだ。
 だから、この高速料金割引は成功だった、経済効果があった、と、国交相あたりは自賛しているようだが、損の部分を見ているだろうか。そもそも、高速道路の運営は民営化されている。政策で値下げを決め、差額を補填しなければ、赤字になるだけで、採算が取れるはずがない。補填は誰がする。政府か。ということは、税金を使うわけだ。
 ETC搭載車だけが優遇されて、鉄道の利用者が減少している。もっと深刻なのが、フェリーである。ゴールデンウィーク中の正確な数字はまだ出てないが、約30%減らしい。採算が取れなくなれば、廃止もあり得よう。
 長い目で見ると、盆暮れの帰省などの混雑期を経るたびに、利用台数は徐々に減り、来年には、例年と同レベルに落ち着くのではないかと思っている。人間慣れると、値頃感を失い、物珍しさの利用者は消えてゆくだろう。で、値下げだけ残って、赤字が膨らむ。
 結局、得をするのは、思いつきの景気対策で支持率の低下を防いだ首相と与党だけじゃないか。このツケは、国債発行高で見える。監視、忘るるなかれ。
                                     (仲)

                                     戻る

« 豚インフルエンザ拡大   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | エコポイントでのポイント稼ぎ   ~ゆうてもええかな~ »