« ミサイルそして株価   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 東京五輪は環境に優しいか   ~ゆうてもええかな~ »

2009年4月11日 (土)

ASEANはどこで   ~ゆうてもええかな~

 タイで行われるはずのASEANが、タイ現政権に退陣を迫るタクシン派による大規模デモによって、首脳会合の会場やプレスセンターを封鎖、または占拠して、首脳会合が中止・場所の変更を強いられた。デモは止まず、政府側との衝突やにらみ合いが続いたため、首脳会合は『無期限延期』となり、各国首脳は退避、会場のあるパタヤには、非常事態宣言が出されている。
 タイの国情に関して、昨年の国際空港立てこもり・封鎖を思い出す。この際は反タクシン派が実力行使に出た。3年前、タクシン政権を追い落として立った現政権がタクシン派を掌握できず、双方のせめぎ合いが続いている。タイはタイでお国の事情があるわけだが、これが内乱だからと看過できない。
 ASEANは、ご存じの通り、東南アジア諸国の連合で、今回の会合は、加盟10ヶ国に、日本・中国・韓国など関係6ヶ国が加わって首脳会合を開き、世界的不況・金融危機に対応するための協議をするはずだった。
 しかし、タクシン派、すなわち反現政権派の大規模デモによって、会合を開くことすらできない状態に追い込まれた。現政権にとっては痛手で、信頼の失墜は免れないし、タクシン派の狙いもそこなのだろうが、タイ国にとって、はたして今回の方法での政争は利益になっただろうか。
 日本企業の多くが、生産拠点として中国の次に注目しているのが、東南アジアである。すでにタイ、ベトナムなどに続々と進出しており、経済面でも雇用創出という面でも、受け入れ国側にとってのメリットは大きい。しかし、政情不安が、このようなデモ以上に大きくなり、流通に影響が出るようなら、新規の誘致は難しい。
 さらに、タイのみならず、全体会議で不況・金融危機対策を打ち出すはずだった会議が延期され、対応が後手に回ることになる加盟各国への影響を考えると、周辺諸国は今回のデモを支持するだろうか。
 まずは、ASEAN会合を他国で早期に開く方向になるだろう。東南アジアの動向は、特に経済面で世界的注目度が高まっている。一国でどうにかできる状況ではないのだから。

                                        (仲)

                                        戻る

« ミサイルそして株価   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 東京五輪は環境に優しいか   ~ゆうてもええかな~ »