« 東京五輪は環境に優しいか   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 豚インフルエンザ拡大   ~ゆうてもええかな~ »

2009年4月25日 (土)

エコはビジネス   ~ゆうてもええかな~

 上海モーターショーでは、世界各国からの出展があり、ハイブリッドカーはほぼ必須アイテムになったと言ってもいいかもしれない。車業界の苦境脱却のキーワードは、エコ。買い替え需要を喚起するには、化石燃料を消費し、二酸化炭素を排出するのガソリン車にエコという付加価値を与え、低燃費で二酸化炭素排出量を削減することで地球環境の改善につなげましょう、という呼びかけをすることが有効な手段の一つだろう。
 ところで、二酸化炭素の排出を削減すると、地球環境の悪化は防げるのであろうか。京都議定書以来、二酸化炭素が悪者になって、その排出量削減が温暖化防止の手段、というのが定着している。ポスト京都議定書の動きも、今年末にかけて本格化するが、主眼は二酸化炭素排出量削減の目標設定にある。
 確かに、温室効果ガスは存在する。地表は夜、赤外線を大気外に放射して冷える。いわゆる放射冷却現象で、雲に覆われると、放射された赤外線が雲で遮られて大気外に出ていかないから、曇りや雨の日は暖かく、晴れて風の無い夜は冷える。これと同じ理屈で、地表から大気外に放射される赤外線を遮断・吸収する物質があれば、冷えにくい。これを温室効果と呼び、二酸化炭素やフロンガス、メタンガスなどがそれに該当する。
 二酸化炭素は、地球温暖化に影響する、その理屈は分かるが、その影響の定量評価は誰か測定したことがあるのか。私は寡聞にしてデータを見たことがない。大気中濃度、平均気温、地表面の氷の体積、等々データはあるが、相関関係が実証されたとの認識はない。あれば教えていただきたい。
 そういうわけで、二酸化炭素排出削減の、地球環境面への影響についてはやや疑問視しているが、それでも対策は大いに進めるべきだ。エコカー、太陽電池、何でもいい。エコ関連をビジネスチャンスとして割り切って考えれば、景気浮揚の弾みになるだろう。不況も底を打った感があるが、まだ夏以降が確定しない。生活のためのエコ。それでいいじゃないか。ねえ。

                                        (仲)

                                        戻る

« 東京五輪は環境に優しいか   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 豚インフルエンザ拡大   ~ゆうてもええかな~ »