« WBCとAIG   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ミサイルそして株価   ~ゆうてもええかな »

2009年3月27日 (金)

衛星でもテポドンでも   ~ゆうてもええかな~

 北朝鮮の自称・人工衛星打ち上げロケットの準備が、着々と進んでいる。アメリカも韓国もそう発表しているから、確かなのだろう。で、みんなでよってたかって、本当はミサイルだろう、ミサイルでもロケットでも、安保理決議違反だ、と言い立てるものだから、北朝鮮は意固地になって、うるさいこと言うならお前らは敵だ、核廃棄も止めるぞ、と言い出した。
 各国の立場として言わなければならないことを言い合っているのは当然で、何も遠慮することは無い。北朝鮮には、国際社会の一員であるならば、反発を聞く義務がある。そろそろ、頼りの中国の力でもかばいきれなくなっている。ロシアは、高みの見物を決め込むと見せて、利があれば介入するチャンスを狙っているような気がする。極東の資源確保は、ロシアにとって重要事項だから。
 ミサイルなら打ち落としてやる、と、米軍が迎撃ミサイル配備に動いている。日本も同じく、日本に落ちてくるなら撃ち落とすつもりで、イージス艦や地上迎撃ミサイルの配備を始めた。北朝鮮が予告している発射日時は来週末くらい。実際に墜とすかどうかは別にして、墜としてやるぞという構えを見せるのは必要だろう。日本列島をわざわざ飛び越してハワイ方面へ向けて飛ばすのだ。わざと人の方に向けて打ち上げて、日本を越えたぞ、万歳!と喜ぶつもりなのかも知れない。だから、好き勝手はさせないぞ、というアピールは必須だ。
 しかし国際世論は厳しい。こうなったら、北朝鮮としては、打ち上げたものを墜としてもらった方がいいのだろう。人の人工衛星を撃ち落としやがった、と主張できるからだ。海に落ちれば、の話だが。北朝鮮にとって最悪のシナリオは、うまく日本を飛び越えられずに、二段目のロケットと先端部分を回収されてしまうことだ。技術レベルがばれてしまう。そうなる可能性があることを、考えなかったのだろうか。技術に自信があるのか、ただ強気なだけなのか。
 打ち上げを撤回することはないだろう。何が飛んでくるか、注視するべし。

                                        (仲)

                                        戻る

« WBCとAIG   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ミサイルそして株価   ~ゆうてもええかな »