« 北朝鮮は何を発射する  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | カーネルサンダースの浮上  ~ゆうてもええかな~ »

2009年3月 6日 (金)

小沢代表と検察と自民党と  ~ゆうてもええかな~

 民主党の小沢代表の公設第一秘書が、政治資金規正法違反で東京地検特捜部に逮捕された。平たく言えば、禁止されている企業献金を、西松建設から受けた容疑である。見た目には、適法である政治団体からの献金に見えるが、実質は西松建設が出した金だというのが、検察の見方である。
 特捜部が動いて、立件されなかった例はごく稀である。捜査が進んで証拠固めができたから踏み切ったか、時効が迫っていたという切迫感があったのか。それは分からないが、捜査はさらに展開を見せるだろう。政治資金規正法、すなわち違法献金だけで、強制捜査、さらに公務員である議員第一秘書逮捕まで踏み切るとは考えにくい。素人考えでは、西松建設に対して便宜を図った、贈収賄まで見越していると思われる。
 そこで一つ、疑問が。野党党首である小沢代表が、どのような便宜を図ることができるか、西松建設は何を期待して献金をしていたか。
 小沢代表本人というより、その番頭格である秘書が、地元岩手周辺の地盤に影響力を持っていて、便宜を図っていたか。もしくは、献金額の多い順、もしくは証拠固めができた順に捜査していて、すでに分かっている、西松建設から献金を受けた自民党議員までにらんでいるのか。捜査の行方次第で、他の顔が出てくるかも知れない。
 それにしても、この件に関する議員や政府高官の発言はどうだ。「この時期の逮捕は政治的意図が見える」「小沢代表の秘書は金額が大きいから捕まった。その他の人は金額が少ないから捕まらない」これが政治の中枢にいる人間の発言である。情けないことこの上ない。
 本件を、敵失と自民党が見て解散が早まるなら、自民党もおしまいである。民主党党首の、それも元自民党議員の、過去の案件が捜査されているのだ。ゼネコンと公共工事の癒着の図式は、古い体質の自民党政治そのもので、自民党の支持が上向くことはない。有権者は、同じ穴のムジナだと思っているのだから、敵失と喜ばないでおとなしくしていなさい。
                                        (仲)

                                        戻る

« 北朝鮮は何を発射する  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | カーネルサンダースの浮上  ~ゆうてもええかな~ »