« 体外受精だからではない  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 小沢代表と検察と自民党と  ~ゆうてもええかな~ »

2009年2月27日 (金)

北朝鮮は何を発射する  ~ゆうてもええかな~

 北朝鮮の動向を巡って、緊張が高まっている。北朝鮮国内でミサイルの発射準備が進んでいると報道されれば、北朝鮮当局は、通信衛星を打ち上げるためのロケットだと言う。
 まあ、今さら北朝鮮が何を言っても、額面通りに受け取る人は少なかろう。またなんかやってるぞと、気にしなけりゃいいんじゃないの、と思いたいが、やはりそうもいかないのが国際社会というもので。
 実際、人工衛星打ち上げだったらいい、というものでもない。北朝鮮には通信衛星を打ち上げる権利もないのかと反論されるかもしれないが、今の状況下では、長距離ミサイル開発に転用できる技術の実験となりうるとみれば、軍事的意味合いを払拭できない。その技術を買おうという組織、もしくは国があるのは、ほぼ世界共通の認識で、それを良しとしない国が留めようとするのも、必然である。北朝鮮に、軍事面で力を持ってもらっては困るのだ。
 ここへ来て、韓国やアメリカなどから非難されることを承知で、ロケットと言い張っているミサイル発射準備を進める理由は何だろう。いつものパターンだと、北朝鮮としては半分本気、残り半分はエネルギーや食糧支援を引き出す交渉カード、つまりハッタリ、という感じだが、今回は発射まで行くのではないかと思う。公式にはあくまで通信衛星打ち上げと言うことにして、それも無事成功したと発表して、緊張関係を作り出す。そうした場合に、オバマ政権がどう出てくるか、様子を見たいのではなかろうか。
 6ヶ国協議の枠組みというが、ロシアはもともと興味が薄いし、日本も韓国も、北朝鮮にとっては、うるさいけど怖くない。中国は怒らせると怖いが、本気で潰しに来るほどバカじゃない。やはり、アメリカの顔色を見ているのだ。アメリカとのチャンネルをつないで、支援も安全保障も引き出したい。オバマがどう対応するか見たい、というところだろう。
 ゆめゆめ、北朝鮮の挑発に乗らぬよう。瀬戸際外交も、誰も相手をしなければ引っ込みがつかない、諸刃の剣。取り囲んでただじっと監視されるのが、一番困るのではないだろうか。
                                       (仲)

                                       戻る

« 体外受精だからではない  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 小沢代表と検察と自民党と  ~ゆうてもええかな~ »