« 給付金は早く  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 消費税でゴタゴタするな  ~ゆうてもええかな~ »

2009年1月16日 (金)

バードストライクは日本でも  ~ゆうてもええかな~

 先日、ニューヨークで起こった航空機事故は、けが人を出しただけで全員が救助され、まずはよかった。離陸直後という、高度も速度も低い状態で、経験豊富な機長が冷静に対処して期待をコントロールできたこと、不時着できる水面があったこと、機体が水中に沈むまでに救助ができたこと、どの一つが欠けても、惨事だったかもしれない。関係者各位に賛辞を送りたい。
 原因は、離陸直後、エンジンに鳥を吸い込んだことによるエンジントラブルだと聞いている。群れに突っ込んだようで、左右に一基ずつあるエンジンの、両方がほぼ同時に故障し、動かなくなったという。
 すべてのエンジンに同時に鳥を吸い込んだという例は珍しいが、一つのエンジンへの鳥の吸い込み、これをバードストライクというのだが、海岸にある日本の空港では年に何度か発生している。特に多いのは、埋め立て地で飛行機の出発の多い、羽田空港と関西空港で、一時期、年に50例を数えた。根本対策は無いに等しく、音などで追い払うなど、地道な作業で鳥達に退出していただくしかないのが現状だ。
 以前、ニュースで、鳥対策の活動の特集レポートを見たことがあるが、空砲で脅したり、散水車で鳥の群れを散らしたりと、いたちごっこを続けて、周囲に生息する鳥が近づかないように苦心されていた。今に始まったことではないし、防御することもできない。空港に鳥が来ないように網を張ったら、飛行機まで引っかかってしまう。
 今まではバードストライクがエンジン一基だけだったから、残りのエンジンで旋回して空港に戻ることができ、どうにか事故無く対処できたのだが、今回のようにすべてのエンジンがストップした場合にどうするのか、対策を講じる必要があるだろう。
 ニューヨークという都会だから、不時着水した近くに船がいて、救助が間に合った。羽田はどうだ。関空はどうだ。予防処置は、今から考えても遅くない。そもそも、バードストライクを避ける方法はないものか。犠牲者が出ないうちに対策を練って欲しい。

                                      (仲)

                                      戻る

« 給付金は早く  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 消費税でゴタゴタするな  ~ゆうてもええかな~ »