« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

かんぽの宿はとっとと売れ  ~ゆうてもええかな~

 日本郵政が『かんぽの宿』70施設を一括売却することを、鳩山総務相が待ったをかけて、日本郵政側は一時撤回した。
 総務相の言うとおり、売却先がオリックスだからいけない、安すぎるからいけない、国民は納得しない、という。
 ならば、どうすればいいのか。別の企業を探すのか。一括がいけないのか。分割ならいいのか。そのまま日本郵政に残しておくのがいいのか。赤字年間40億円の施設を売却する、買い手が見つかっている、それをひっくり返すのは、私は納得できない。価格については、売り手と買い手の交渉だから、もっと高く売れるなら歓迎だが。
 小泉政権時代に始まった郵政民営化、分割解体を良かれと思わぬ勢力が国会内で活動を始めていることは承知している。郵政に限らず、小泉改革はことごとく後退している。いったんぶっ壊れたはずの自民党は、元の形に戻りつつある。しかも、郵政民営化で国民に信を問うて得た議席を背景にして。
 何もかもぶっ壊すのがいいとは言わないが、ぶっ壊されたくなければ、維持できるだけの明確な活動を示して欲しい。『かんぽの宿』の例なら、毎年40億円の赤字を出してそれで良しとする感覚を捨て、維持するなら経営改善をする姿勢が欲しい。それなのに、法律上、従業員の雇用を保全しなければならないことになっている。値上げで赤字分を埋めるか? 値上げして年間5千万以上の利益が確保できるなら、誰だってやっている。もしできるのにやらないなら、そんな経営者は交代させるがいい。
 赤字の補填を誰がやっているのか、考えているのか。簡易保険の加入者であり、日本郵政のサービスを受ける我々である。サービスを受ける側としては、安い宿泊所の提供より、保険やその他の郵政のサービスの充実の方がありがたい。
 売らないこと、最悪は売れなくなることで発生する損分を誰が補填するのか考えたら、決まった売買に待ったをかける方が納得できないと思うが、いかが。

                                      (仲)

                                      戻る

2009年1月23日 (金)

消費税でゴタゴタするな  ~ゆうてもええかな~

 アメリカで、新大統領が就任した。その熱狂的とも言える国民のエネルギーに、アメリカの底力、危機を乗り越えようとする勢いを見た思いがした。
 その、新大統領関連のニュースの後に、消費税増税を巡る麻生首相と自民党幹部の対立と収束の経緯を見せられたら、情けなくてため息が出る。増税の時期にこだわる首相も首相だが、その付則への明記をさせまいとする与党も与党だ。
 私の考えを先に言うと、今後の社会保障の財源として、消費税増税は避けられず、10%程度までは想定するべきだ。行政のムダ解消だの埋蔵金だので賄うという主張は、当然だが、安定財源ではない。もちろん、税金のムダ使いなど以ての外で、税収減になれば国会や行政の経費削減案を出そうというくらいの危機意識を持ってもらわないと、国債発行額が減るはずがないが、税制は中長期で方針を立てないと、安定したシステムが確立しない。その中で、消費税増税は組み込まれていいと考える。
 しかし。今の首相・政府が掲げるように、増税の時期を法律に明文化するのは、やると決めたからやるんだ、と駄々をこねているに過ぎない。税収と歳出の両方を考えて、税制というシステムが機能するはず。国民に税負担を求めるからには、その年から増税する理由を説明できなければならない。少なくとも今までの政府・首相の見解からは、2011年度から税率を引き上げる、説得力のある説明があったとは思わない。
 与党も与党だ。増税明記反対と叫ぶのはたやすいが、選挙対策であるのは見え見え。衆院選後に同じことを言い続ける議員がどれだけいるか、国民は監視した方がいい。今のところ、消費税導入・税率引き上げ後の選挙は全敗だから、気持ちは分かるが、その代わりに社会保障は現行維持というのであれば、遠からず民心は離れる。この大リストラ時代に、介護や看護、社会事業等の分野では慢性的な人手不足である理由が分からぬわけではあるまい。就労を促すなら、それに見合う報酬は民間では賄えない。どこから調達するか、案を出せ。
 それ以前の問題として、第二次補正予算と来年度予算、来年度の補正予算で景況低下に歯止めをかけるのが一等最初にやらなきゃならないことじゃないのか。ここを間違うと、衆院選も危ないよ。自民党さん。
                                      (仲)

                                      戻る

2009年1月16日 (金)

バードストライクは日本でも  ~ゆうてもええかな~

 先日、ニューヨークで起こった航空機事故は、けが人を出しただけで全員が救助され、まずはよかった。離陸直後という、高度も速度も低い状態で、経験豊富な機長が冷静に対処して期待をコントロールできたこと、不時着できる水面があったこと、機体が水中に沈むまでに救助ができたこと、どの一つが欠けても、惨事だったかもしれない。関係者各位に賛辞を送りたい。
 原因は、離陸直後、エンジンに鳥を吸い込んだことによるエンジントラブルだと聞いている。群れに突っ込んだようで、左右に一基ずつあるエンジンの、両方がほぼ同時に故障し、動かなくなったという。
 すべてのエンジンに同時に鳥を吸い込んだという例は珍しいが、一つのエンジンへの鳥の吸い込み、これをバードストライクというのだが、海岸にある日本の空港では年に何度か発生している。特に多いのは、埋め立て地で飛行機の出発の多い、羽田空港と関西空港で、一時期、年に50例を数えた。根本対策は無いに等しく、音などで追い払うなど、地道な作業で鳥達に退出していただくしかないのが現状だ。
 以前、ニュースで、鳥対策の活動の特集レポートを見たことがあるが、空砲で脅したり、散水車で鳥の群れを散らしたりと、いたちごっこを続けて、周囲に生息する鳥が近づかないように苦心されていた。今に始まったことではないし、防御することもできない。空港に鳥が来ないように網を張ったら、飛行機まで引っかかってしまう。
 今まではバードストライクがエンジン一基だけだったから、残りのエンジンで旋回して空港に戻ることができ、どうにか事故無く対処できたのだが、今回のようにすべてのエンジンがストップした場合にどうするのか、対策を講じる必要があるだろう。
 ニューヨークという都会だから、不時着水した近くに船がいて、救助が間に合った。羽田はどうだ。関空はどうだ。予防処置は、今から考えても遅くない。そもそも、バードストライクを避ける方法はないものか。犠牲者が出ないうちに対策を練って欲しい。

                                      (仲)

                                      戻る

2009年1月 9日 (金)

給付金は早く  ~ゆうてもええかな~

 本年、口開けの話題を、何にしようか考えていた。イスラエル情勢が気になっていたが、再開した国会の体たらくを見て情けなくなり、黙っていられなくなった。
 元々の私の立場は、2兆円の給付金配布に反対だった。臨時収入はありがたいが、1ヶ月もすれば消えて無くなる、いや、このご時世に給与カット、残業削減による収入減を埋めるほどの額でもないから、生活支援にしても景気浮揚にしても、実効に疑問を持っていたからである。2兆円も使うなら、効果的に使うべきだ、と考えていた。
 ところが、秋にぶち上げたこの給付金、これを盛り込んだ2次補正予算が、来年度予算と同時にようやく年末に出てきた。この時点で、年末までの配布は時間切れ。今年度内、つまり3月までの給付する方針に切り替えた。
 で、2次補正予算と来年度予算を審議する予算委員会が、年明けから再開したが、その内容が情けない。議員や総理までが、給付金を受け取らないとか、受け取って使うべきだとか、そんなやりとりになっている。実質、給付金自体を争点として、審議時間を使っている。お気楽にもほどがある。
 こんなペースで審議していれば、2次補正予算の成立はいつになるのか。まだ衆議院で委員会審議。決議して本会議、参議院でまた審議、ここで否決されて、所定の手続きを経て成立。そこから給付金の配布が始まるわけだが、さあ、いつになるだろう。今年度内、3月までに配布ができるのか。
 生活支援、景気浮揚、どちらにしても、事態は焦眉の急。給付金を出すなら出すで、とっととしやがれ。3月までに出せないなら引っ込めて対案を出せ。でないと、応急処置にもなりゃしない。
 解散権を考えるなら、打ち出した施策はとっとと片付けて次の政策を出さないと、野党に人質に取られるか、首相交代で解散に打って出るか。どちらにしても、麻生首相は身動きが取れなくなる。正規雇用者だって、不安が広がっているのを意識せよ。

                                      (仲)

                                      戻る

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »