« 強行採決の間にも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 給付金は早く  ~ゆうてもええかな~ »

2008年12月26日 (金)

丑年はどうなる  ~ゆうてもええかな~

 もういくつ寝るとお正月。お正月にはカネ出して、姪と勉強いたしましょ。早く終われよお正月。。。。
 姪っ子が高校受験を控えていて、正月、実家に帰ったときは家庭教師をせよと指名されている。授業料をもらうどころか、お年玉を出さねばならない。物いりで困る。
 激動の一年が、どうやら終わる。年初は、原油高、バイオエタノール需要に端を発した食料の高騰。値上げ値上げで苦しんでいる内に、地震が起きたり、水害で大きな被害を受けた。踏んだり蹴ったりのさなか、福田首相が政権を投げ出すは、そのあたりから実は景気が後退していたは、そして秋のリーマンショック。世界的な金融危機に陥り、一気に倒産、派遣社員切り、赤字転落と、不安な年の瀬を迎える人も多かろう。
 かくいう私も、今年はどうにか乗り切ったが、来年は今の職に留まっていられるかどうか、一寸先は闇である。
 せめて、来る丑年に期待したいところである。経済的には、世界的不況のなかにあって経済の落ち込みが比較的マシで、円高傾向を生かせる体力が残っている企業にとっては、海外の技術や素材を持つ企業を取り込むチャンスだろう。資源のない我が国だから、資源の購入が有利になるところを生かしたい。国内の需要、輸出が苦しい状況に代わりはないが、体力を蓄えて生き残ることができれば、今の状況から考えて、夏以降に景況が動き出すと見ている。そこまで辛抱できるか、どうか。
 政界は、あまり希望を見いだすことができない。麻生首相は予算成立後の解散まで持つかどうか。どのみち麻生総裁では自民党への逆風は止められない。投げ出しても代わりがいない。解散後は再編含み。だが、自民から抜け出す連中と民主が組んでも、細川政権時代のように長続きせず、結局自民が連立を組む形で政権に復帰する。たぶん、混乱はあるが、変革はないだろう。
 とりあえず、来年夏のボーナスが出るかどうか、そこまで会社が、私が生き残れるか、正念場である。牛歩の一年になるだろう。きっと。
                                    (仲)

 本年もおつきあいいただき、ありがとうございました。来週は休み、新年は一月第二週から再開いたします。
                                    戻る

« 強行採決の間にも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 給付金は早く  ~ゆうてもええかな~ »