« 百年に一度の嵐ねえ  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | また救急たらい回し  ~ゆうてもええかな~ »

2008年11月 7日 (金)

あちらの民主党は勝ったけど  ~ゆうてもええかな~

 アメリカ大統領選、投票の結果、民主党のオバマ氏が当選した。アフリカ系アメリカ人初の大統領が、来年1月20日に誕生することになった。同時に投開票があった、上下両院選挙でも民主党が議席数を伸ばし、与党体制が整った。民主党の勝利である。
 それに関して、何か論じるつもりはない。結果は出たし、決まったことへの対応は政府が考えればいいこと。もちろん我々も考えて、政府がろくなことをしなければ、選挙で民意を示すことができる。
 だが、そこで、少なくとも私は、躊躇する。与党である自民党と公明党に物申したければ、野党に投票するのだが、さて、どこに投票すればいいのだろう。
 個人の自由なのだから、勝手に悩めばいいのであるが、最大野党である民主党の面々を、オバマ氏当選以降の報道で見て、さてどうしたものかと思う。日本もチェンジだとか、カメラに向かって Yes,we can! などと言う、その顔が緩んでいるのを見て、がっかりした。オバマ氏の勝利演説のあとの、厳しい表情を見たか。政権を担う重さをすでに受け止めているかのような姿を見ると、頼もしいと思う。そして、その後で、日本の政治家の面々を見ると……力が抜けた。
 いまの与党の姿を見よ。麻生政権発足後、円高、株安、深刻な不況。経済対策に追われ、解散に打って出るタイミングを失い、自公両党間の火種になっている。首相自ら記者会見をした総合経済対策も、目玉の、というより公明党に気遣って盛り込んだ、2兆円規模の給付金が、誰にいくらをどうやって配布するかが決まらず、実施まで時間がかかる見込み。そうこうするうちに予算編成の時期になだれ込むのは目に見えている。
 そして、自衛隊前幕僚長の論文問題。野党としては絶好の攻めどころだと思うが、与党を追い込むことができない。野党に、解散に持ち込む戦略があるとは思えない。
 与党にしてもらうのを待っているような野党には、投票したくない。政権を取って日本を少しでもマシにする気が見えれば、国民もチェンジを期待すると思うが、いかが。
                                      (仲)

                                      戻る

« 百年に一度の嵐ねえ  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | また救急たらい回し  ~ゆうてもええかな~ »