« どれも不況のせいらしい  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ケータイ校内禁止  ~ゆうてもええかな~ »

2008年11月28日 (金)

裁判員、できるか  ~ゆうてもええかな~

 今週は、大きな事件が立て続けに起こった。インドでの同時多発テロ、タイでの国際空港占拠、舞鶴での高校生殺害事件で容疑者逮捕、高知のゴルフ場関連連続爆破、パナソニックや自動車メーカーなどの業績下方修正、減産発表。もっと注目されていい、麻生総理と小沢代表の党首討論も、かすんでしまった。もっとも、報道を見る限り、討論は平行線で、注目しても肩すかしだったようだが。
 何を取り上げるか悩んだが、気に留めておきたい、裁判員制度の話をしたい。
 28日、全国一斉に、裁判員候補者への通知が発送された。29日以降、有権者名簿から無作為に抽出された裁判員候補に、封書が届くことになる。その数、約29万5千人。有権者なら、年末ジャンボ宝くじを10枚買って、1000円以上の当選金を受け取るより可能性が高い。
 これが届いても、まだ慌てなくてもいい。用があったら呼びますよ、という名簿に載っただけで、実際に裁判員として裁判に関わる人数は、面接やら抽選やらを経るから、もっと少ない。来年5月実施だから、慌てるのはそれからでも遅くない。
 しかし。裁判員に任ぜられたとして、はたして務まるだろうか。裁判員を招集する裁判は、強盗、殺人といった、重罪になる。有罪か無罪か、有罪なら量刑まで決めることになる。死刑と言える人間が、どれくらいいるだろう。いくら重罪人であったとしても、その命を奪うと決断できる人は、よほど冷静な人か、何も考えていないか、どちらかじゃないか。逡巡して、そのストレス、精神的負荷に耐えられない人も多かろう。人生の中で、そんな重い決断をする場面など、そうそうあるまい。
 裁判員制度がダメだとは言わないが、法律上、裁判官に相談をしたり、意見を求めたりすることはできない。裁判員は独立していなければいけない。私の感覚では、裁判員として招集された後、裁判中とその後の精神的負担を考えた制度になっているか、不安である。
 どうなの? 最高裁殿。
                                      (仲)

                                      戻る

« どれも不況のせいらしい  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ケータイ校内禁止  ~ゆうてもええかな~ »