« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

百年に一度の嵐ねえ  ~ゆうてもええかな~

 麻生首相が記者会見で、この金融不安を「百年に一度の嵐」と表現していたが、それがどうした、という気がする。同時に発表した当座の対応と、解散総選挙の後送り、3年後の消費税引き上げ宣言を並べたが、驚くことでもないし、腹を立てることでもない。
 定額給付。一人1万円余をもらって、そりゃあうれしいが、んなもん、生活が楽になる額ではない。生活していれば、1週間もすればいつの間にか消える金額。その給付のため、単純に考えて、2兆円以上かかる。もらうのは良いが、今年は税収が減るのが確実だから、国の懐具合は考えているのか、心配になる。
 高速料金の引き下げも同様。本当に景気のことを考えているなら、自家用車減額でトラックは据え置きは、逆だと思うが。それに、通行料収入の減額は、どこで補填するつもりか。各地方の高速道路会社の借金はどうするのだろう。それでなくても燃料高で遠出は控える傾向にあるのに。
 企業支援。資金繰り支援はうれしいだろう。でも、借金であることには変わりなく、一時しのぎ。百年に一度の嵐の防波堤になり得るか。海外からの不安連鎖は、中程度規模の企業でも危機にある。政府に準備金があるならいいが、もしあるなら、もっと早く手を打てたと思う。
 消費税の引き上げ。これは以前から、早くやった方がいいと言っている。生活必需品以外は、消費税を上げて税収を確保すべし。ただし、無駄づかいを先に止めるべきだな。議員数削減
とか。
 つらつら考えるに、今回の総合経済対策は、不況による税収減の前提を真剣に考えていない気がする。国が破綻してはどうしようもない。困るのは与党である。国民はもっと困るが。
 嵐の最中にこれでは、安心できないな。経済対策は、再提出してもらいたい。嵐のときは、身をすくめてやり過ごすまで持ちこたえるに限る。ばらまくより、かき集める。地道だが、出費をケチって歳入減に備え、優先順位を考えて支援する。大幅な成長を見込まない編成に切り替える時期だろう。今のうちに。
                                    (仲)

                                    戻る

2008年10月24日 (金)

この不況、誰が止める  ~ゆうてもええかな~

 あんまり暗い話はしたくないのだが、楽しい話題が見つからない。
 人は車に引きずられ、妊婦は入院を断られ、円は1ドル90円まで下がり、株価は8000円を割り、倒産件数は増え続け、物食えば中毒で入院し、冬のボーナスは期待薄。
 残酷にも暦は進む。10月ももう下旬、実は職場があるビルの敷地で、クリスマスツリーの設置工事が始まっている。高さ十数m、緑色の鉄骨をツリー状に組み立て、人工芝みたいなのをぺたぺた貼って、固定してイルミネーションで飾ればできあがり。工期は10日くらいかかる。
 クリスマス商戦で、さて景気は回復するだろうか。夏頃には、設備投資が延期ながらも実需があったのだが、ここへ来てまた、延期ではなくキャンセルが出始めた。これは痛い。年末年始へ向けての販売・資金回収の見込みが立たないから、設備導入を止めるのだ。機械機器、川下の製造業も受注を減らしているところが多く、赤字覚悟など多少のリスクを背負ってでも注文を受けて、ラインの稼動を止めないようにするので精一杯。儲けも欲しいが、赤字を膨らませたくない。
 実業は上昇の見込みがない。大手スーパーなどで、値引きセールを積極的に打ち出し始めていることからも分かる。先に麻生内閣は補正予算を組んだが、応急処置にもなっていない。なぜなら、中国を筆頭とする新興国の経済成長が鈍化している、即ち、日米欧諸国の企業の製造部門を担っているの生産量が伸び悩んでいるのだから、日本国内で予算をばらまいても、世界的潮流に飲まれてしまっては、下手に棹させば折れるというもの。
 日本はバブル崩壊を経験している、などと国際社会にアピールするのは恥さらしだと思う。金融機関を保護して、どれだけの企業を虐げてきたか、日本の企業の体力を削いだか忘れたか。数字のやりとりに終始する企業の含み損を心配するより、底力である技術力を支えてモノやワザを売る体質にしないと、根本的な脱却はできないと思うが、いかが。
                                       (仲)

                                       戻る

2008年10月17日 (金)

まだ欲しいか新幹線  ~ゆうてもええかな~

 不況の話や総選挙の話は、良い方向に転がりそうにないから、今日は書きたくない。中国のインゲンも話題になっているが、話はまだ推測の域を出ない。だから別の話をする。
 仕事で、新幹線をよく利用する。東海道新幹線が主で、上越、東北新幹線も使う。山形新幹線も年に数回使う。飛行機はめったに使わない。特に地方便になると、便数が少なくて融通がきかなかったり、天候次第では引き返したりするから、約束の時間に到着しない怖れがある。
 新幹線の方が確実だから、便利に使っている。だが、これ以上要るかというと、やや疑問が残る。何でも新幹線を通せばいいってもんでもないだろう。
 東北新幹線、新函館まで延伸。九州新幹線、先行開業部分の新八代と博多をつないで全面開通。北陸新幹線、長野から金沢まで延伸。まあここらあたりまでは決定事項だから造るとして、他はどうなの? と聞きたい。
 地元は欲しいに決まっている。だが、しばし待て。新幹線が通ればそれで良いのか。東京駅は収容能力が満杯で、増便する余地がわずかしかない。そして、速達タイプの新幹線は、たいてい満席である。新幹線を通したはいいが、便数が少ない、込んでいる、使いづらい。それに耐え、在来線は長野新幹線以降、第三セクターに移行するのが通例になったから、地元の足も不便になる。
 顕著なのは九州新幹線で、直通運転は新大阪と鹿児島中央間まで。東海道新幹線には乗り入れできない。JR東海が正式に断っている。東海道新幹線はドル箱で、すべての列車を16両編成で運行している。それでも不足気味なのに、九州新幹線の6両編成が入ってくると、輸送量が10両分だけ減ることになる。遅れが出たときの調整も厄介だ。
 何より、建設費用がむやみにかかる。阪神大震災のときの教訓から、耐震対策をおろそかにした安価な工法は御法度。造るのは国交省である。また、中越地震で脱線した新幹線の映像は記憶に新しい。災害時のリスクは在来線の比ではない。
 それでも欲しいか。土建屋が喜ぶだけのような気がするけどなあ。
                                       (仲)

                                       戻る

2008年10月10日 (金)

大国金融無策の先は  ~ゆうてもええかな~

 世界的規模の株安、景気後退の局面を受けて、欧米中銀が協調利下げに踏み切るなど、それなりに考えているようではあるが、それだけ。米国の景気後退に対して、自身で抜本的な手を打てず、現大統領ブッシュさんの顔が出てこない。新大統領が決まるのが一月後、その間、いや大統領就任はもっと後だから、それまで何もしない、では、バブル崩壊後の日本と同じく、金融不安と株価、地価低落、含み損から倒産増加、といった流れのままに転がっていくのではないか。
 米国が転落していくと、アジアは大きな打撃を受ける。日本はそれ以前から後退局面に入っていたこともあり、輸出関連が一気に冷え込むと、解散風を起こすのは容易ではない。それでも解散をしたいのが政局の本音だろうが、食品汚染や偽装、値上げ値上げで買い控えが浸透していること、米国余波の大和証券破綻、中小の土木、建築業者の倒産連鎖が中堅の新井組まで到達していることを考えると、原油値下がりや輸入品の円高差益を考えても、好転する局面にない。
 さらに韓国は大きな打撃を受け、中小では経営危機に直面する企業も多い。大幅なウォン安がさらに拍車をかけ、ドル建て輸入取引が苦境に追い込まれ、対米輸出は差益は出るものの輸出量自体が伸びない。液晶テレビの安値大量生産で供給過剰になり、目玉商品が動かなくなったのは痛い。
 中国も無策の極み。玩具に鉛使用など、覚えている人がいるかというくらい、メラミン汚染の影響が広がっている。信頼の失墜に対して有効策が出てこない。自国内の巨大な規模の市場を持っているから、輸出は当てにしなくていいのか。
 欧州はEUで完結し、選挙がらみで無策の米国と日本を白い目で見ている。ロシアは独立独歩。中国、インドも含めたアジア市場が成熟し、世界規模での資本の再編成のメドが立つまで、経済は成長局面にならない気がする。気の遠い話だが。困ったものだ。
                                     (仲)

                                     戻る

2008年10月 3日 (金)

放火不幸か  ~ゆうてもええかな~

 断じて、幸ではない。個室ビデオ店の火災で、15人もの死者を出してしまったのだから。それも、生きるのが嫌になったと供述しているらしい男による放火。無差別殺人と言っていい。まずは犠牲者にお悔やみを申し上げると共に、負傷者の方々にはお見舞い申し上げる。
 調べが進むにつれて、店側の要因も明らかになってきた。ビルとしては玄関と裏口があるが、個室エリアの出入り口は一ヵ所、非常口はなし。窓は2ヵ所あったが、石膏ボードでふさがれていたという。火災で煙が出たら、逃げ場所がない。ましてや、夜中の2時3時。眠ってしまっていた人もいただろう。火災の報知と誘導はほとんど無かったらしく、そのまま個室で亡くなった方がほとんどだった。
 思い出すのが、秋葉原でのビル火災。これも非常階段が使えず、逃げ場を失った方々が命を落とした。火災を想定していない管理者の怠慢は責められるべきだろう。
 これ、人ごとではない。ここまで密閉された空間でなくとも、マンションのような集合住宅に住む人たちは、寝ている間に、放火もしくは寝たばこなどによる失火で、館内に煙が充満することはあり得る。火災の原因の第一位が放火なのだから、自分だけ気をつけていても避けきれないケースがあると思わねばならない。
 近年、防音性や断熱性を高めるため、個別の部屋の密閉度が高くなる傾向にある。また、いわゆるタワーマンション、超高層マンションになると、上層階はガラスの強度を保つため、窓は絶対開かない。排気口は完備されているはずだが、一般的なビルの13階以上は、はしご車も届かないから、下層階で火災が起きたら、屋上へ向かって逃げるしかない。それも、寝ていて気付かなかったとしたら。
 以前、私が住むマンションで、火災が起こった。やはり夜中で、火元が最上階の部屋だったため、煙による被害は逃れたのだが、これが自室の真下だったらと思うと、思わず震える。
 一度、室内で発煙式防虫剤でも焚いて、部屋の密閉性を見てみようかと、半分本気で思っている。やっといて損はないと思う。掃除が大変だけど。
                                       (仲)

                                       戻る

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »