« 事故米の悪意  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 放火不幸か  ~ゆうてもええかな~ »

2008年9月26日 (金)

麻生政権はねじれて続く  ~ゆうてもええかな~

 小泉元総理が、政界から引退するそうだ。彼の人らしいといえばらしい。自民党を壊すと宣言し、改革を断行し、後継に託して舞台を降りると、路線はきっちり元の自民党に戻ってしまった。自分の居場所のないところに執着しない。分かりやすい人だと思う。良きにつけ、悪しきにつけ。
 さて、麻生政権が誕生し、補正予算をある程度審議してから、解散総選挙となるのだが、民主党との政権選択の一騎打ち勝負になると思う方、手を上げてください。意外に少ないと思う。少なくとも、私は二大政党選挙になるとは思わない。
 前回の参議院選挙で、国民は自民党にノーを突きつけた。これ、参議院だからできたことであって、衆議院で与野党逆転は無いと見ている。もちろん、前回の衆議院選挙のような地滑り的勝利は、無論無理だ。あれは小泉劇場が一番燃え上がった、自民党路線の対極にある選挙戦だったから、郵政民営化だけで大勝利になった。振り子が従来の自民党側に戻った今、与党で三分の二以上の得票を取ることはありえない。
 では、民主党が頑張って、与党を過半数割れまで押し切れるかというと、実際は底まで押し上げる風は吹いていない。自民党はミスで自滅があり得るが、民主党がそこへつけ込んで議席数を伸ばさないだろう。政策は与党と対決姿勢にあるように見えて、言っている結果は、自民党と変わらない。財政再建もそう、景気回復もそう、保健医療の見直しもそう。プロセスが違うが、目指す場所はほとんど同じである。民主党の示すプロセスがより実効性のあるものなら、風も吹こう。しかし、財源や、官僚組織の整理・ムダ削減の方向性が具体的に示されておらず、省庁職員をコントロールして実効を挙げる画が見えない。正直言って、自民党から離れた票は、どこに行こうか迷っていて、ばらけるか、投票に行かないことを選ぶと見る。
 従って、与党はとりあえず過半数を確保し、麻生政権はねじれたまま、再可決という最後の手段も使えない状態で、続くと予想するが、いかがだろうか。
                                     (仲)

                                     戻る

« 事故米の悪意  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 放火不幸か  ~ゆうてもええかな~ »