« アフガン支援の形  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | メタミドホスより怖い危機  ~ゆうてもええかな~ »

2008年9月 5日 (金)

総裁選はずるい  ~ゆうてもええかな~

 福田首相が辞任を決めて、臨時国会召集を押しのけて自民党のお祭りが始まった。投開票が9月22日に決まったから、臨時国会召集は早くて月末。しかも、まず第一番に首班指名をしなきゃいけない。それで首相を決めて、組閣して、所信表明演説をして、そこからやっと、通常国会の積み残しの審議が始まるのである。
 気の長い話であり、その間の日常生活はどうしてくれるんだと思う。しかも、今回の内閣は、福田首相のバトンを拾い、年金、医療、消費者庁、拉致、イラク給油支援、道路財源、その他諸々の問題を片付けようと言うならまだしも、どう見ても明らかに、解散総選挙のための内閣になる。
 総裁選は、混迷を深めるほどに、マスコミへの露出が増え、相対的に、野党が何をやっても報道時間が短くなる。民主党代表選挙もほぼ信任投票になる見込みで、その直後に自民党総裁選。報道の陰に隠れるのは明白である。
 そして新しい内閣で解散総選挙をやると、国民の頭には自民党首の顔が刷り込まれている。現状維持は無理でも、逆風を少しでも抑えられる。シナリオがあって、スケジュールができあがっているわけで、私には自民党だからできるズルにしか見えないのだ。
 連立パートナーの公明党の身になるがいい。与党として組んでいたら、自民党が無理押しで重要法案を再可決しそうな気配だからと、ケチをつけたら、福田首相が辞めた。一転、政権にとどめを刺した形になり、悪役が割り振られたような結果になった。公明党としては、組織票が固いといえど、総選挙は戦いにくいだろう。
 野党には、しっかり頑張って、地道にアピールして欲しい。参院選で吹いていた風は、まだ収まっていない。福田首相の辞任会見で、野党が協力しないのが悪いというようなことを言っていたが、主義主張が違うから野党になっている相手に協力を求めるなど、勘違いも甚だしい。そんな与党に愛想を尽かした人たちのためにも、野党の奮起を求めたい。
 また、選挙か。省庁の無駄金捜しの方が、国民は喜ぶはずだけどなあ。
                                     (仲)

                                     戻る

« アフガン支援の形  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | メタミドホスより怖い危機  ~ゆうてもええかな~ »