« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月26日 (金)

麻生政権はねじれて続く  ~ゆうてもええかな~

 小泉元総理が、政界から引退するそうだ。彼の人らしいといえばらしい。自民党を壊すと宣言し、改革を断行し、後継に託して舞台を降りると、路線はきっちり元の自民党に戻ってしまった。自分の居場所のないところに執着しない。分かりやすい人だと思う。良きにつけ、悪しきにつけ。
 さて、麻生政権が誕生し、補正予算をある程度審議してから、解散総選挙となるのだが、民主党との政権選択の一騎打ち勝負になると思う方、手を上げてください。意外に少ないと思う。少なくとも、私は二大政党選挙になるとは思わない。
 前回の参議院選挙で、国民は自民党にノーを突きつけた。これ、参議院だからできたことであって、衆議院で与野党逆転は無いと見ている。もちろん、前回の衆議院選挙のような地滑り的勝利は、無論無理だ。あれは小泉劇場が一番燃え上がった、自民党路線の対極にある選挙戦だったから、郵政民営化だけで大勝利になった。振り子が従来の自民党側に戻った今、与党で三分の二以上の得票を取ることはありえない。
 では、民主党が頑張って、与党を過半数割れまで押し切れるかというと、実際は底まで押し上げる風は吹いていない。自民党はミスで自滅があり得るが、民主党がそこへつけ込んで議席数を伸ばさないだろう。政策は与党と対決姿勢にあるように見えて、言っている結果は、自民党と変わらない。財政再建もそう、景気回復もそう、保健医療の見直しもそう。プロセスが違うが、目指す場所はほとんど同じである。民主党の示すプロセスがより実効性のあるものなら、風も吹こう。しかし、財源や、官僚組織の整理・ムダ削減の方向性が具体的に示されておらず、省庁職員をコントロールして実効を挙げる画が見えない。正直言って、自民党から離れた票は、どこに行こうか迷っていて、ばらけるか、投票に行かないことを選ぶと見る。
 従って、与党はとりあえず過半数を確保し、麻生政権はねじれたまま、再可決という最後の手段も使えない状態で、続くと予想するが、いかがだろうか。
                                     (仲)

                                     戻る

2008年9月19日 (金)

事故米の悪意  ~ゆうてもええかな~

 太田農水相が辞任した。事故米問題の責任を取ったと言うが、誰が見たって選挙対策でしかない。舌禍や事務所費問題などよりはるかに深刻で重大な問題を、大臣と次官を辞めさせただけで片付けたつもりなら、お役所は救いようもないところまで堕ちている。大臣や総理が誰に替わっても、政府を支持する気になれぬ。
 事故米とは何か。残留農薬が基準値を超えている輸入米、保存中にカビが発生した米。要するに、食品として不良品であり、食用の米の流通に乗ってはいけない物である。
 不良品があってはいけないということではない。不良品をゼロにすることはできないし、何らかのイレギュラーが起こった場合に不良品が発生することはやむを得ない。
 しかし、その不良品を見つけて除き、外に出さないのが、生産者や輸入者、流通業者の責任である。それが信用の問題であって、普通は販売店や納入業者を信頼しないと、食生活は成り立たない。人の体内に入る物だから、その根本の信頼を裏切られると、世間は許さない。
 ただ、最近の食品偽装事件を見ていれば、いかに流通管理がずさんで、その気になれば売れ残った物も異物が入った物も販売店まで流せるか、実例をいくつも見てきた。その気になれば、どうにかごまかせる。
 事故米は、一連の食品偽装事件より、はるかに重大な問題を含んでいる。事故米の輸入元かつ総卸元は、農水省である。そして、事故米は三笠フーズを含む3社が90%以上の量を占めていることである。競走もなく、やりたい放題。しかも、卸元は天下の親方日の丸である。一般的な感覚でいえば、民間業者より信用できる卸元と思いこむのが普通だろう。
 その普通の感覚が、お役所やお役所と取引している業者には希薄なのだと言わざるを得ない。今や、農水省に限らず、お役所の信頼は地に落ちている。その危機感が無い間は、行政も財政も好転しないと思うべきだ。無意識の悪意を捨てよ。今すぐ。
                                    (仲)

                                    戻る

2008年9月12日 (金)

メタミドホスより怖い危機  ~ゆうてもええかな~

 景気が悪化している。毎日のように起きるセンセーショナルな事件が報道されるため、さらりとしか触れられていないが、日本の経済は困難な局面に向かっている。
 何を今さら、と言われるかも知れない。原油高、原料高で製造業はどこも汲々としているのは、数ヶ月も前からである。景気はとっくに下落している。それはそうだ。
 承知の上で、あえて言う。景気が悪化している。
 原油は、右肩上がりから、若干低めの推移になっている。しかし、ここで安心はできない。一年前と比べると、まだまだ高水準で、どう考えても、年内に元の水準に戻ることはない。穀物類や乳製品もしかり。値上げ圧力はまだ衰えていない。
 直近で顕著なのが、建設・不動産業者の倒産の増加。創建ホームズが筆頭格だろうか。資材の高騰、運輸業のサーチャージ導入による輸送コストアップ、それからどうやら、脱談合の動きが、資金繰りを悪化させているという説もある。これらを背景に、銀行融資審査が厳しくなっているため、ますます資金回収ができない連鎖が、倒産件数増加につながっている。
 他業種を見ても、自動車、電機、化学、食品など多くで減益、あるいは実質赤字転落が目立つ。白物家電で値上げを打ち出すメーカーが出るなど、大手も苦しんでいる。今年は洞爺湖サミットでエコ関連、北京五輪でデジタル家電・海外旅行の特需が期待されたのだが、蓋を開けると、どちらも期待はずれに終わった。
 さらに、ここへ来ての株価下落。9月末が上半期決算の企業にとって、株価とドル弱含みでの含み損を抱えることになってしまうと、経営基盤の弱体化を招きかねない。企業の倒産は、今月以降も増加すると見るのが妥当なのだ。
 そこで安易に偽装に走ると、取り返しの付かないダメージに発展する。真面目にコツコツと良い製品を作り、売る企業が報われる社会であってほしいが、この経済の正念場に、総裁選だ解散だと走り回っている人たちに任せていては、無理だろうな。
                                    (仲)

                                    戻る

2008年9月 5日 (金)

総裁選はずるい  ~ゆうてもええかな~

 福田首相が辞任を決めて、臨時国会召集を押しのけて自民党のお祭りが始まった。投開票が9月22日に決まったから、臨時国会召集は早くて月末。しかも、まず第一番に首班指名をしなきゃいけない。それで首相を決めて、組閣して、所信表明演説をして、そこからやっと、通常国会の積み残しの審議が始まるのである。
 気の長い話であり、その間の日常生活はどうしてくれるんだと思う。しかも、今回の内閣は、福田首相のバトンを拾い、年金、医療、消費者庁、拉致、イラク給油支援、道路財源、その他諸々の問題を片付けようと言うならまだしも、どう見ても明らかに、解散総選挙のための内閣になる。
 総裁選は、混迷を深めるほどに、マスコミへの露出が増え、相対的に、野党が何をやっても報道時間が短くなる。民主党代表選挙もほぼ信任投票になる見込みで、その直後に自民党総裁選。報道の陰に隠れるのは明白である。
 そして新しい内閣で解散総選挙をやると、国民の頭には自民党首の顔が刷り込まれている。現状維持は無理でも、逆風を少しでも抑えられる。シナリオがあって、スケジュールができあがっているわけで、私には自民党だからできるズルにしか見えないのだ。
 連立パートナーの公明党の身になるがいい。与党として組んでいたら、自民党が無理押しで重要法案を再可決しそうな気配だからと、ケチをつけたら、福田首相が辞めた。一転、政権にとどめを刺した形になり、悪役が割り振られたような結果になった。公明党としては、組織票が固いといえど、総選挙は戦いにくいだろう。
 野党には、しっかり頑張って、地道にアピールして欲しい。参院選で吹いていた風は、まだ収まっていない。福田首相の辞任会見で、野党が協力しないのが悪いというようなことを言っていたが、主義主張が違うから野党になっている相手に協力を求めるなど、勘違いも甚だしい。そんな与党に愛想を尽かした人たちのためにも、野党の奮起を求めたい。
 また、選挙か。省庁の無駄金捜しの方が、国民は喜ぶはずだけどなあ。
                                     (仲)

                                     戻る

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »