« 外国人力士だからと言うな   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 総裁選はずるい  ~ゆうてもええかな~ »

2008年8月29日 (金)

アフガン支援の形  ~ゆうてもええかな~

 北京五輪が終わった後、堰を切ったように様々なニュースが飛び込んできた。グルジアからロシアが二ヵ所切り取って独立を承認。北朝鮮の核無効力化作業停止。太田農水相の事務所費問題。ガソリン元売り9月から一部値下げ。集中豪雨の脅威。毒蛇51匹をマンションの一室で飼っていた男、毒蛇に噛まれて入院。それから、それから……。
 それらも重大(一部そうでないのもあるが)だが、最も重大な事件は、アフガニスタンで復興支援活動をしていたNGO団体のメンバー一人が、武装グループに拉致されたことだろう。警察との銃撃戦で犯人グループの一部を逮捕したが、残りの犯人が逃走する際、拉致した日本人を殺害した。
 今までにも中東の紛争地帯で、イスラム過激派が外国人を誘拐・監禁する事件は、幾度か起こっていた。ただし、今回はやや状況が異なるように思う。これまでは、人質は政府側との交渉カードであり、身代金や自身の逮捕の阻止、逮捕者の解放を求める手段であるケースが多かったように思うが、今回は、誘拐した組織の規模が小さく、人質殺害に躊躇がなかった。組織として交渉するより、外国人の追放、政府の弱体化を狙って、始めから殺害を念頭に置いていたフシがある。あるいは、警察に追われて、逃げる際に連れて行けずに口を封じたか。
 いずれにしても、計画的に何かを得る、現実的な目的を遂行するための誘拐とは思えず、主義思想に凝り固まった過激派がゲリラ的に外国人排斥を考え、日本人を誘拐し、殺害に至った。被害者は無念でいっぱいだろうし、家族や仲間の心中は察するに余りある。
 今後、日本人の活動は縮小を余儀なくされるだろうし、イスラム過激派に対して住民感情は悪化し、支援が縮小された現地は、さらに困窮するだろう。中東情勢の難しさは今に始まったことではないが、支援側はこの状況で、完全撤退するのは、過激派の思うつぼ。どういう形で支援できるか、よく考えなければならない。
                                    (仲)

                                    戻る

« 外国人力士だからと言うな   ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 総裁選はずるい  ~ゆうてもええかな~ »