« 一斉休漁後は漸次廃業かも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 内閣改造したものの ~ゆうてもええかな~ »

2008年7月25日 (金)

また地震だよ  ~ゆうてもええかな~

 地震、雷、火事、親父。もう、死語になっている、怖いもの4種。今は親父なんて、怖いものの内に入らないだろう。それより、ナイフを持った若い者の方が、よほど怖い。
 ただ、地震は相変わらず、怖いものの筆頭にあげていいだろう。4年前、平成16年の中越地震、あの、新幹線が脱線して、多くの山間部地域が孤立したときから数えても、平成17年3月の福岡沖地震、8月の宮城県沖地震、平成19年3月の能登半島沖地震、7月の上中越沖地震、先月の岩手・宮城内陸地震、そして木曜日の岩手沿岸地震。震度6弱以上の地震が4年間に7回発生している。
 中越地方、北東北地方と、近い場所で短期間に発生しているのが特徴的である。メカニズムからすると、関連性は無いと言った方がいいようだ。
 緊急地震速報の態勢が整い、運用が開始されているが、今のところ、役立ったという話をあまり聞かない。マスコミの悪い癖で、揺れた後に速報が来たとか、ネガティブな点をあげつらって報道しているように思うのだが、実際はどうなのだろう。地震によって揺れの届き方が異なるから、実際の運用も難しいに違いない。そこはそれ、年月をかけてデータが集まれば精度が上がるものだから、長い目で見た方が良い。
 こう地震が頻発していると、次はどこだ、というところに興味が行く。思い出してもらいたい。北海道から東北、中越、能登、福岡と、最近の大きな地震は東北以北と日本海側に片寄っており、太平洋側、即ち東海や南西沖といった、世間が要注意として対策を講じるのに躍起になっている地域は、未だ大きな地震がない。それだけ断層の歪みエネルギーが溜まり続けているとなると、反動は大きいはず。阪神大震災と同じ轍を踏まぬよう、準備するに越したことはない。
 私も偉そうなことは言えない。寝ているときに頭に落ちてくる物がないよう、寝室周りを片付けるくらいしかしていない。身軽な独り者だから、大きな家具もないから。
                                     (仲)

                                     戻る

« 一斉休漁後は漸次廃業かも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 内閣改造したものの ~ゆうてもええかな~ »