« 北京は無傷でも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 後期高齢者医療制度ってどうよ  ~ゆうてもええかな~ »

2008年5月30日 (金)

食い物が足りねえ……コメは?  ~ゆうてもええかな~

 バターが品薄になって、いまだに改善されるめどが立っていないが、それどころかその原料である生乳の製産自体が追いついておらず、牛乳の出荷量もこの先落ち込みそうだという。
 どうやら、北海道だけは供給が追いつくようだが、生乳は生ものだから、北海道で絞った生乳を大阪に持ってくるわけにはいかない。東京だけは、大消費地であるが故に、北海道から牛乳を直送するシステムを作り上げているが、今までどおりの量の牛乳を出していると、バターやチーズを作る分がますます逼迫する。
 足りないからといって、すぐ増産できない。当然ながら、乳牛をどこかから買ってくるわけにはいかないから、子牛が育つのを待つしかない。
 深刻なのはここからで、飼料であるトウモロコシの高騰で、酪農家の経営が圧迫されている。子牛が育つのを待たず、見切りを付けて廃業する酪農家が出始めている。そうしたらますます、生乳生産の地域バランスが崩れ、需要と供給が噛み合わず、さらに品薄感が出てくる。
 日本人でさえ困っている。トウモロコシを主食にしている南米やアフリカでは、ダイレクトに食糧難の影響が出る。小麦も供給が足りない。全世界の穀物が足りない。コメも例外ではなく、輸出国であるタイでも、輸出できる量が減少している。そこへ、ミャンマーのサイクロン。穀倉地帯を直撃した災害のせいで、コメの品薄感がさらに増している。
 ただし、例外がある。日本にあるコメである。ウルグアイラウンドでコメの関税撤廃拒否をし、一定量のコメの輸入を受け入れた。以来、タイなどからコメを輸入し続けているが、市場へ出回らず、備蓄米として倉庫に眠っている。これが世界から批判を浴びている。コメの供給が不足しているのに、倉庫に積んでおくとは何事か、と。
 コメの国際価格が上がっている今、あえて高い関税をかけて国内の農家を守るより、日本米を増産して国際市場に打って出る、ということはできないだろうか。需要は確実にあるはずだから。
                                    (仲)

                                    戻る

« 北京は無傷でも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 後期高齢者医療制度ってどうよ  ~ゆうてもええかな~ »