« 五輪と液晶テレビとデジタルと  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 問題ありすぎる値上げ  ~ゆうてもええかな~ »

2008年4月25日 (金)

聖火リレーは誰のため  ~ゆうてもええかな~

 土曜日、北京オリンピックの聖火が長野でリレーされる。これは金曜日書いているから、長野でどんな騒ぎがあるのか予想できないが、まあ、平穏無事に粛々とリレーされたら、奇跡的だろう。小競り合いくらいは覚悟しておいた方がいい。
 チベット問題について先に書いているから、一連の聖火リレーに関する騒ぎについて触れなかった。しかし、見ていてどうしても一言、言いたくなった。
 まず、確認しておこう。聖火リレーは何のために行われるか。オリンピックが開催されることを広く知らしめる役割を担っているのは間違いない。聖火は、IOCが採火式で点す、オリンピックの象徴である。その象徴を、人の手でつなぎ、オリンピックが開催される都市に運び、主会場の聖火台に点火される。その間の注目を集め、オリンピックへの期待を盛り上げる行事だと考えている。
 チベット擁護派の方々にお願いしたい。オリンピックの主役は、競技者である。実質的には国家の体面や商業主義に毒されているといえど、オリンピックは競技者無くして成り立たない。その象徴である聖火のリレーを、主義主張の場に利用するのは、オリンピックに参加する競技者に対して失礼だと考える。別の方法で抗議をしていただきたい。
 警備する側の中国当局にもお願いしたい。驕るな。聖火は中国のものではない。オリンピックの象徴であり、リレー走者と沿道の応援者との触れ合いは、オリンピックを身近に感じさせて関心を向ける効果がある。警備陣に囲まれて走者が見えないリレーや、安全な競技場近辺をぐるりと回っておしまい、というような、走る時間より飛行機での移動時間の方が長い聖火リレーが、世界の人たちが競技への関心を持つと思うか。
 そして、デモや不買運動など、批判を威圧で押しつぶす態度を見て、世界の競技者や観客が北京へ行くことに不安を持つとは思わないか。オリンピックが競技者のためでなく、中国の示威行為の場であると勘違いしていないか。観客を含めた参加者を無視していないか。
 少なくとも今の私は、競技より、競技場以外で何が起きるかの方に注目している。それでいいなら、好きなようにやって、中国バンザイと叫ぶがいいさ。
                                     (仲)

                                     戻る

« 五輪と液晶テレビとデジタルと  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 問題ありすぎる値上げ  ~ゆうてもええかな~ »