« イージス艦の死角  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 予算案強行採決の先  ~ゆうてもええかな~ »

2008年2月29日 (金)

メタミドホスはどこで  ~ゆうてもええかな~

 懸念したとおり、中国と日本の責任のなすりあいになってきたみたいだから、改めて書く。
 私は、現時点でも、メタミドホスが冷凍食品に混入された場所の特定について、判断材料が足りないと考えている。
 まず、混入経路についてだが、人為的との見方は両者とも一致するだろう。残留農薬等、偶然による混入でないことは、まず間違いなかろう。
 日本側は、未開封の袋の内側から検出されたから、封入前、即ち中国の工程で混入した可能性が高いとしている。メタミドホスが袋素材を通して内側に浸透することは考えにくい、との立場だ。
 一方中国側は、28日に公式に反論している。中国側の工程で混入する可能性は小さい、メタミドホスは袋素材を浸透して内側に浸透するという実験データを得た、と発表した。
 個人的には、その実験データとやらを見たいものだと思っている。実験方法とその結果を公表して欲しい。ありえないとは言わない。例えば、ポリ袋に油性インクで何か書いて置いておくと裏移りするのは、インクの成分がポリ袋の反対側に浸透しているからである。だから可能性はゼロではないが、冷凍食品だから-18℃以下で保存・輸送されている条件下で、メタミドホスが数ヶ月で袋素材を浸透すると考えるのは、やや無理がある。だから、データを見たい。
 早くはっきりさせないと、中国は五輪を控えている。食の安全が揺らぐようでは、選手も観客も二の足を踏む。それでなくても人道的問題や環境問題で、不参加を表明している選手がいる。中国は、オリンピックを成功させなければならない。
 日本も、このままでは中国からの加工食品の輸入が難しくなる。日系企業なら安心かも、といえど、中国は日本が汚染の根源と見ているのだから、日本向けの検疫は厳しくなる怖れがある。そうすると、中国からの調達を根本から見直さなければならない。
 面子で対立しても両者に利無し。協調を得るための外交努力も必要なのではないですか。福田首相殿。
                                     (仲)

                                     戻る

« イージス艦の死角  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 予算案強行採決の先  ~ゆうてもええかな~ »